謎に満ちたプーチン大統領の資産:本当はどのくらい?

収入は「控えめ」?
2020年以上、2017年未満
ロシア国内の不動産
いくつかの不動産と乗用車
ロシア一裕福というわけではない
ミシュスティン首相
疑わしい公式発表
本当の資産額は?
高級時計と高級車
「空飛ぶクレムリン」
イーロン・マスク
プーチン批判の急先鋒
誰の名義で所有しているのか?
プーチン大統領の資産を巡る謎
オリガルヒとの取引
ナワルヌイの調査
トム・バージスのコメント
プーチン大統領自身のコメント
収入は「控えめ」?

イタルタス通信およびインテルファクス通信はクレムリンの公式サイトを引用しつつ、プーチン露大統領の2021年の純収入はおよそ1,020万ルーブル(約16万7,oooドル)だと報じた。

 

2020年以上、2017年未満

両通信社によれば、プーチン大統領の年収は2020年に比べて増加しているものの、2017年に記録された1,870万ルーブル(約30万ドル)には遥かに及ばないという。

ロシア国内の不動産

クレムリンの報告によれば、プーチン大統領はロシア国内に不動産をいくつか所有しており、資産の一部を成しているようだ。

写真:ソチにある公邸、ボチャロフ・ルチェイでトレーニングするプーチン大統領。

いくつかの不動産と乗用車

プーチン大統領の公式な資産には、85平方メートルの邸宅1件、150平方メートルの邸宅1件、17平方メートルのガレージ、GAZ社製乗用車M21が2台、SUV車ラーダ・ニーヴァ1台が含まれている。また、レッカー車も所有しているとされる。

 

ロシア一裕福というわけではない

インテルファクス通信は、ロシア政府関係者で最も裕福なのはプーチン大統領ではないとしている。実際、プーチン大統領の資産はミハイル・ミシュスティン首相よりも少ないとされている。

ミシュスティン首相

ミハイル・ミシュスティン首相は2021年に年収1,830万ルーブル(29万6,000ドル)を記録。妻子とともに、5,500平方メートルの土地、836平方メートルの邸宅、140平方メートルの邸宅を所有している。彼の妻はさらに高収入で年収6,380万ルーブル(103万1,700ドル)に達するという。

 

疑わしい公式発表

ただし、こうした情報はロシアのマスコミおよびクレムリンが発表したものであり、『ワシントン・ポスト』紙や『フォーチュン』誌、ウェブサイト「ビジネスインサイダー」をはじめとするメディアは信憑性に疑問を呈している。

 

 

本当の資産額は?

『フォーチュン』誌はプーチン大統領の不動産について「尽きない謎」としつつも、資産総額を2,000億ドルあまりではないかと推測している。

高級時計と高級車

高級時計のコレクションに加え、黒海沿岸にある資産価値14億ドルの別荘、他人名義で所有しているとされる19件の不動産、自家用ヘリコプター、自家用ジェット、数々の高級車……

 

「空飛ぶクレムリン」

ロシアの大統領専用機は「空飛ぶクレムリン」の異名を持つ、7億1,600万ドル相当の豪華ジェットだ。

イーロン・マスク

あのイーロン・マスクも、クレムリンが公開したプーチン大統領の資産に疑いの目を向ける一人だ。ドイツの大手メディア「アクセル・シュプリンガー」のCEO、マティアス・ドプフナーとの対談でイーロンは「プーチン大統領は私よりも遥かにお金持ちだろう」とコメントした。

 

プーチン批判の急先鋒

『フォーチュン』誌は、プーチン大統領の資産に関する公式発表を疑う人物として、投資ファンド「エルミタージュ・キャピタル・マネジメント」の会長兼共同創設者でプーチン批判の急先鋒、ビル・ブラウダー(写真)を挙げている。彼は、ロシアにおける汚職や権利侵害に対処すべくオバマ政権が制定した「マグニツキー法」を起草した人物の1人だ。

誰の名義で所有しているのか?

著書『Freezing Order: A True Story of Russian Money Laundering, State-Sponsored Murder, and Surviving Vladimir Putin's Wrath』の出版に当たって『コリエーレ・デラ・セラ』紙のインタビューを受けたブラウダーは、プーチン大統領の資産について次のように推測した。

プーチン大統領の資産を巡る謎

『コリエーレ・デラ・セラ』によれば、プーチン大統領の資産の秘密を追うビル・ブラウダーに対し、クレムリンはインターポールを通じて国際手配を行っているという。ブラウダーの戦いは、ロシア当局を相手取って巨額横領事件を告発したロシア人弁護士セルゲイ・マグニツキーが刑務所で死亡した時から始まった。

 

オリガルヒとの取引

『フォーチュン』誌によれば、プーチン大統領が所有する2,000億ドルあまりの資産について、ブラウダーはオリガルヒの一人ミハイル・ホドルコフスキー(写真)が2003年に逮捕・収監されたことに恐れをなした他のオリガルヒが当局との取引に応じたことに由来する、と考えているという。モスクワ市裁判所はホドルコフスキーに対し詐欺および脱税で有罪判決を下しており、ロシア財界の大物たちは同じ轍を踏むまいとしてプーチン大統領と取引したというのだ。

 

ナワルヌイの調査

一方、反プーチン派の代表格として知られるアレクセイ・ナワルヌイ率いるチームも独自に調査を行い、プーチン大統領がひた隠しにする資産の一部を暴露した。プーチン大統領およびオリガルヒが黒海沿岸に所有しているという大宮殿の調査動画を公開したのだ。この動画はCNN放送にも取り上げられ、波紋を広げることとなった。

トム・バージスのコメント

CNN放送はナワルヌイによる調査に加え、その他の専門家たちの見解も掲載。プーチン大統領の不動産を特定するのは困難だという点で、専門家たちは一致している。 CNN放送のインタビューを受けたジャーナリストのトム・バージスは、プーチン大統領はオリガルヒが頼りにする「親分」のようなものだとコメントした。

 

プーチン大統領自身のコメント

さらに、ジョン・C・コーバリーは、自著『The Twentieth Century World, 1914 to the Present: State of Modernity』の中で、プーチン大統領自身が2013年に述べた言葉を引用している:「私はヨーロッパどころか世界で最も恵まれた人間だ。というのも、人々の共感を集めているからだ。ロシア国民は私にこの偉大な国の指導を2度にわたって任せたのだ。これこそ、私にとって最大の富だと思う」

Más para ti