攻撃対象に言及するロシア下院議員:もし第三次世界大戦が始まったら?

「大規模な戦争」
新たな世界大戦?
緊張の高まり
カリーニングラード州とは
「スヴァルコフスキー回廊」
ロシア軍とNATO軍
宇宙戦争?
敵はNATO全体
迎撃ミサイルの効果を削ぐ
攻撃目標:ロンドン
ヨーロッパ側の対応は?
米国に支援能力はあるのか?
詳細は秘密
さらなる攻撃対象
現役の軍人ではない
尽きない謎
「大規模な戦争」

ロシア軍の元将軍で、現在はロシア連邦下院で議員を務めるアンドレイ・グルリョフ。彼によれば、ロシアは目下「大規模な戦争」に向けて態勢を整えているという。

 

新たな世界大戦?

6月末、国営放送「ロシア1」に出演したグルリョフ議員は、新たな世界大戦が勃発した場合、プーチン政権がどこを攻撃対象とするかについてコメントを行った。

画像:ロシア1

緊張の高まり

Sky News放送によると、ロシア連邦下院議員で防衛委員会メンバーも務めるグルリョフは、ロシアの飛び地カリーニングラード州を西側諸国が封鎖することで次の世界大戦が勃発する可能性があると警告している。

写真:NATO演習に参加するドイツ兵たち(2020年5月)

カリーニングラード州とは

カリーニングラード州はNATO加盟国ポーランドとリトアニアの間に位置するロシアの飛び地で、バルト海に面している。つまり、ロシア本土との連絡や運輸に問題が生じやすいのだ。

写真:Aleksey Malinovski / Unsplash

「スヴァルコフスキー回廊」

専門家たちは、ロシアが本土とカリーニングラード州をつなぐ「スヴァルコフスキー回廊」の設置を企てる可能性について言及している。

ロシア軍とNATO軍

『ザ・サン』紙によれば、グルリョフ議員はカリーニングラード州の状況についてロシア軍を包囲する罠だと主張。そして、NATO諸国がカリーニングラード州を封鎖した場合、対抗措置をとらざるを得ないとしている。

画像:ロシア1

宇宙戦争?

グルリョフ議員によれば、まず行うべきは敵対国の衛星システムを無効化することだという。

 

敵はNATO全体

『デイリー・メール』紙は、グルリョフ議員の「アメリカだろうとイギリスだろうと関係ない。NATOの一員だと見なすだけだ」という言葉を引用した。

迎撃ミサイルの効果を削ぐ

グルリョフ議員はさらに、敵の迎撃ミサイルシステムの効果を「あらゆる場所で100%」削ぐ、と付け加えた。

攻撃目標:ロンドン

「我々の第一攻撃目標はパリやワルシャワ、ベルリンではない」とロシア1放送に語るグルリョフ議員。いわく:「最初の攻撃はロンドンに対してなされるはずだ。世界を脅かしているのがアングロ・サクソン人であることは明白だ」

 

ヨーロッパ側の対応は?

グルリョフ議員の主張によれば「重要拠点を破壊する作戦の一環として、西ヨーロッパは電力供給から遮断され身動きが取れなくなるだろう」とのこと。『ザ・サン』紙の指摘によれば、グルリョフ議員らロシアの強硬派は軟弱な欧州連合に実戦に耐えうる気概はないと考えているようだ。

 

 

米国に支援能力はあるのか?

食料と電力を絶たれたヨーロッパが米国の支援によってロシアと対峙し続けられるのか、欧州内で高まる不満を米国がいつまで抑え込めるのかについて、グルリョフ議員は疑問を呈している。

 

詳細は秘密

グルリョフ議員はまた、「これは大まかな計画であり、テレビで議論すべきでない部分については意図的に省いている」とした。

画像:ロシア1

さらなる攻撃対象

また、別のテレビ番組では、ロシアが攻撃せざるを得ない国々としてポーランド、スロバキア、ハンガリー、ルーマニアを列挙した。

現役の軍人ではない

ただし、『デイリー・メール』紙も書いているとおり、グルリョフ議員は防衛委員会メンバーではあるものの、現役の軍人ではないことに留意する必要があるだろう。

 

尽きない謎

しかし、プーチン大統領や政府高官との密接な関係のため、グルリョフ議員は米国による制裁の対象になっている。したがって、彼がどこまでプーチン政権の内情に通じているのか、あるいはロシア当局のプロパガンダを担っているのかについては謎が尽きない。

 

Más para ti