食にまつわる英国王室のルール:エリザベス女王が決して口にしない食材とは?

英国王室の食に関するルール
王室専属シェフ
エリザベス女王が避ける食材とは
ニンニク
パスタ
ジャガイモ
ミディアムやレアの肉料理
白い殻のたまご
パンのみみ
砂糖入りの紅茶
季節を外れた果物
貝類
フォアグラ
丸ごとのバナナ
水道水
ダークチョコレートはOK
理にかなった食生活
英国王室の食に関するルール

英国王室には知られざるさまざまなルールが存在する。今回は元王室専属シェフの話を元に、食にまつわる決まりごとをみてみよう。

王室専属シェフ

15年間、英国王室の専属シェフを務めたダレン・マグレディが、『ザ・テレグラフ』のインタビューに答え、英国王室の食にまつわるルールとエリザベス女王が口にしない食材や料理を明らかにして大きな話題を呼んでいる。

エリザベス女王が避ける食材とは

それによれば、エリザベス女王がバッキンガム宮殿でも外出時にも避けているという食材は、ごく身近で一般的に消費されているものばかり。ともあれ、その理由をきけば多くの人は納得するに違いない。

ニンニク

まず、英国女王はニンニク、タマネギ、パプリカを口にしない。胃もたれの原因となるだけでなく、口臭の元になるからだ。

写真:Unsplash (Sanjay Dosajh)

パスタ

エリザベス女王は夕食にデンプン質を取ることを避けているため、パスタは全面的に禁止。その代わり、サラダ、または魚やチキンのグリルに野菜を添えたものを摂っている。

写真:Unsplash(Karolina Kołodziejczak)

ジャガイモ

デンプン質を多く含む食材と言えば、ジャガイモだ。このため女王の食卓、とくに夕食の献立からはジャガイモは完全に排除されている。

写真:Unsplash (Gilberto Olimpio)

ミディアムやレアの肉料理

女王の食卓に肉料理をサーブするときは、良く焼いたものでなければならない。レアはもちろん、ミディアムも許されない。

写真:Unsplash (Emerson Vieira)

白い殻のたまご

エリザベス女王は、白い殻の卵より茶色い殻の卵の方が味がいいという。朝食には卵料理が含まれており、そのほとんどがサーモンとトリュフ入り。もちろん茶色い殻の卵が使われている。

写真:Unsplash (Tengyart)

パンのみみ

女王はツナのサンドウィッチがお気に入り。薄くスライスしたキュウリ、バター、マヨネーズ、隠し味にコショウをふる。大切なのは常にパンのみみをカットすること。王室でシェフを務めたオーウェン・ホジソンは「サンドウィッチを作ったけど、パンのみみが少し残っていたので他のシェフに却下されてしまった」と告白している。

写真:Unsplash (Charles Chen)

砂糖入りの紅茶

エリザベス女王にとってティータイムは欠かせないもの。紅茶にミルクを少し、しかし砂糖を入れることは一度もない。

写真:Unsplash (Abolfazl Ranjbar)

季節を外れた果物

エリザベス女王は旬の果物しか食べない。ダレン・マグレディは『ザ・テレグラフ』に「1月の献立にイチゴを加えたとしたら、遺伝子組み換えのイチゴは食べる気になれない、と言われるだろう」と語っている。

写真:Unsplash (Anton Darius)

貝類

食中毒のリスクを避けるため、貝類は料理から排される。元王室執事のグラント・ハロルドは「とくに宮殿から離れている時は賢明な選択だ」としている。

写真:Unsplash (Marika Sartori)

 

フォアグラ

チャールズ皇太子は2008年に公邸でフォアグラ料理を供することを禁止した。フォアグラは鴨やアヒルに強制給餌をして生産されることから、英国王室は動物愛護という倫理的な理由に加え、中毒の危険性も指摘している。

写真:Unsplash (XIBEI JIA)

丸ごとのバナナ

エリザベス女王はバナナを食す際にはフォークとナイフを使用する。バナナの両端を切り落とし、カトラリーで皮を剥がすのだ。英国女王がバナナに直接かぶりつくことは、禁じられている訳ではないが、まず起こりえない。

写真:Unsplash(Dainis Graveris)

 

水道水

飲用水による食中毒を避けるため、英国王室では水道の水を飲用にすることはない。さらに、ミネラルウォーターもどこのメーカーでもよい訳ではなく、品質が高く信頼に足るような特定のブランドのミネラルウォーターを使用している。

写真:Unsplash (Andres Siimon)

ダークチョコレートはOK

高齢のエリザベス女王は食生活にさまざまな制約を課しているものの、時には自分を甘やかすことだってある。ダークチョコレートが大のお気に入りなのだ。

写真:Unsplash(チャリス・ケニオン)

 

理にかなった食生活

かなり厳しいルールかもしれないが、1926年生まれのエリザベス女王が健在であり、世界最長の在位期間を誇っていることを思えば、その食生活に関するルールに学ぶところは多いといえるだろう。

Más para ti