シングルマザーから一転:ノルウェー王太子妃メッテ=マリットのシンデレラストーリー

驚きのシンデレラストーリー
シングルマザーから王太子妃へ
平民出身の妃
典型的なノルウェーの少女
両親の離婚
スポーツ好きな王太子妃
オーストラリア留学
反抗期とスキンヘッド
学生時代
デートショー番組に出演
前科のある男性との間に子供を出産
シングルマザー
王太子夫妻の出会い
ホーコン王太子の新恋人
同棲をスタート
オスロ大学の学生
婚約した二人
ロイヤルウエディング
王位継承権のない妃の長男
結婚後に学業を再開
国際連合エイズ合同計画の特別大使
ホーコン王太子との間に授かった子ども
イングリッド・アレクサンドラ王女
はじめて公立学校へ進学した王女
スヴェレ・マグヌス王子
二つの称号
次の女性君主
ロイヤルファミリー
マリウスも一緒
王太子妃と実父の関係
ビジネスウーマンとして
人々に尽くす王太子妃
夫妻で工場を視察
ノルウェー文学大使
ロイヤルファッション
伝統スタイル
ノルウェーのナショナルデー
スポーティな王太子妃
王太子妃の健康
肺線維症
王太子妃と新型コロナウイルス感染症
ノルウェー王室に新風
驚きのシンデレラストーリー

数ある欧州各国の王室の中でもとりわけ注目される存在といえば、ノルウェーのメッテ=マリット王太子妃だろう。なにしろ、現代版シンデレラなのだからメディアが熱い視線を注ぐのも頷ける。

画像:Royal Court of Norway, handout

 

シングルマザーから王太子妃へ

メッテ=マリット王太子妃は、幼い頃に両親が離婚している。自身は学生時代にシングルマザーとなり、一人で幼い息子を育てていた時にホーコンという男性と出会った。この男性こそ、ノルウェーの王太子だったのだ。

平民出身の妃

現王太子妃はノルウェー南部のクリスチャンサンに生まれた。父親のスヴェン・ホイビーは地方紙のジャーナリスト、母親のマリット・ヒエッセムは銀行員で、平民階級の出身だ。

画像:Royal Court of Norway, handout

典型的なノルウェーの少女

1973年生まれのメッテ=マリットは、バレエを踊り、ベネディクト聖歌隊で歌い、ボーイスカウトに参加し、毎週日曜日には地元の教会に足を運ぶという、典型的なノルウェーの子ども時代を過ごした。

画像:norwegianroyalfamily, Instagram

両親の離婚

メッテ・マリットの両親は、彼女が11歳の時に離婚した。王太子妃の父親はアルコール依存の傾向があり、家庭に不穏な影を落としていたという。11歳のメッテ・マリットは、母親と暮らすことを選んだ。

スポーツ好きな王太子妃

メッテ・マリットはスポーティで活発な少女だった。子どもの頃は海岸やセテスダール渓谷で週末を過ごすことが多く、そこでセーリングを習った。さらにバレーボールの選手でコーチになったこともあり、写真で分かるようにスキーもお手のものだ。

オーストラリア留学

1989年、16歳で交換留学生としてオーストラリアに渡った。メッテ=マリットは著書『Homeland and Other Stories』で当時について語っている:「オーストラリアに行くまでは、誰よりも良い子にしていました。しかし、その時私は自分の中でこう言ったのです。"これ以上は無理。他の人の期待にはもう応えられない"、と」

反抗期とスキンヘッド

留学先のオーストラリアから帰国したメッテ=マリットは家族や社会に強く反発し、高校時代にスキンヘッドにしたことさえあるという。

学生時代

やがてメッテ=マリットはアグデル大学に進学し、哲学、化学、情報工学を学び、1997年に卒業した。

画像:Royal Court of Norway, handout

 

デートショー番組に出演

ホーコン王太子は初恋の相手ではない。メッテ=マリットは1996年にパートナー探しをするリアリティ番組『Lysthuset』に出演したことがあり、その後、実際にパートナーとなる男性と出会っている。

画像:still from 'Lysthuset,' 1996

前科のある男性との間に子供を出産

1997年1月13日、メッテ=マリットは息子のマリウス・ボルグ・ホイビィを出産した。父親は前科を持つモルテン・ボルグという人物で、1991年に薬物取引で服役していたことを『ヴァニティ・フェア』誌が明らかにしている。

シングルマザー

メッテ=マリットがノルウェーの皇太子と出会った時、彼女は20代半ばのシングルマザーだった。

王太子夫妻の出会い

1999年、メッテ=マリットはクリスチャンサンで開催されたノルウェー最大の音楽祭クウォートフェスティバルでホーコン王子と出会った。その後しばらくして、二人は交際を始める。

画像: Instagram

ホーコン王太子の新恋人

ホーコン王太子はそれまでも交際相手を実家にあたる国王家に紹介していた。そして今回彼が両親に紹介したのは、シングルマザーのメッテ=マリットだった。

同棲をスタート

2000年、ホーコン王太子とメッテ=マリットは、オスロのアパートで同棲をはじめた。その頃の彼女は衣料品店で夏のアルバイトをしていた。

オスロ大学の学生

当時、メッテ=マリットはふたたび学生生活を送っていた。名門オスロ大学に入学を果たして倫理学を専攻、2000年から2002年まで学業に励んでいたのだ。

画像:Royal Court of Norway, handout

婚約した二人

1年間の同棲を経て、二人は婚約した。ホーコン王太子は婚約前に、「彼女との結婚が許されないのであれば、ノルウェーの王位継承権を捨ててもいい」といっている。それほどメッテ=マリットは特別な存在だったのだ。

ロイヤルウエディング

メッテ=マリット王太子妃が28歳の時に二人は結婚。王家の結婚式は2001年8月25日、オスロの大聖堂で執り行われた。

王位継承権のない妃の長男

メッテ=マリット王太子妃の連れ子であるマリウスには、ノルウェーの王位継承権はない。とはいえマリウスはノルウェー王室で最も愛されている若者の一人である。

結婚後に学業を再開

王太子妃は2002年から一年間、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院で「世界的な難民危機」や「開発理論」についての講義を受講。また、ノルウェー開発協力局に3カ月滞在し、HIVウィルスに関する政策を研究した。

国際連合エイズ合同計画の特別大使

2006年、王太子妃は国際連合エイズ合同計画(UNAIDS)の特別大使に任命された。国際エイズ会議では、ノルウェー代表団を率いている。

ホーコン王太子との間に授かった子ども

王太子夫妻の間には2人の子どもが生まれている。

イングリッド・アレクサンドラ王女

2004年1月21日、長女のイングリッド・アレクサンドラ王女が誕生した。ホーコン皇太子に次ぐノルウェー王位継承第2位となっている。

画像:Royal Court of Norway, handout

はじめて公立学校へ進学した王女

イングリッド・アレクサンドラ王女は、ノルウェー王女として初めて公立学校に通った。国王夫妻が、娘に一般家庭の子どもと同じような経験をさせることを望んだのだ。

画像:Royal Court of Norway, handout

スヴェレ・マグヌス王子

2005年12月3日、国王夫妻にスヴェレ・マグヌス王子が誕生した。王位継承順位は第3位。姉のアレクサンドラ王女と同じく初等教育を公立学校で受けた後、オスロにあるモンテッソーリ教育の私立学校へ進んだ。

二つの称号

スヴェレ・マグヌス王子は姉のイングリッド王女とは異なり、「王子」の他に「殿下」という称号をもっている。

画像:Royal Court of Norway, handout

 

次の女性君主

イングリッド・アレクサンドラ王女は、ノルウェー史上二人目の女王となることが予定されている。

画像:Royal Court of Norway, handout

ロイヤルファミリー

幸せに溢れたロイヤルファミリーの写真。

マリウスも一緒

メッテ=マリット王太子妃の長男マリウスは王室の公式ポートレートには登場しないことが多いが、もちろん家族の一員だ。上の写真は王太子一家の休日の様子。ノルウェー王室が公開したプライベートショットだ。

画像:Royal Court of Norway, handout

王太子妃と実父の関係

メッテ=マリット王太子妃と実父の関係はうまくいっていなかった。実父スヴェン・ホイビーは2005年、自身の子どもと同じくらい年の若いストリップダンサ―であるレナーテ・バースガードと再婚したほか、不適切と思われるさまざまな行動をとっていたのだ。王太子との結婚から1年後にこの父親に肺がんが見つかり、2007年に70歳で亡くなった。王太子妃はホーコン王太子とともに、オスロの病院に父親を何度か見舞っている。

ビジネスウーマンとして

2008年、メッテ=マリット王太子妃はノルウェー・ビジネス・スクールで講義を受け、ペッター・ダス賞を受賞。その後、ビジネス界でもとくに創造的とされる人々に与えられる、「世界のリーディング・シンカー」に選ばれた。

人々に尽くす王太子妃

王太子妃は貧困層の人々に料理を作って配るボランティア活動を行っている。また、世界経済フォーラムの「グローバル・ユース・リーダー」にも選出された。

夫妻で工場を視察

ノルウェー国内各地を訪れる際にはノルウェーの産業の周知に努めている。写真は王太子とともにテレマルク県にあるイネオス社の石油化学工場を視察した時のもの。

ノルウェー文学大使

大学時代に身に着けた一般教養も王太子妃に役立っている。2017年、メッテ=マリット王太子妃は国際アリーナでノルウェー文学大使に就任した。

ロイヤルファッション

ノルウェーのプリンセスは、ガラパーティや公的なイベントで優雅なロイヤルファッションを披露している。

伝統スタイル

国の伝統に従い、花の王冠でドレスアップしたメッテ=マリット王太子妃。

 

ノルウェーのナショナルデー

公式行事への出席時に披露した、ホーコン王太子とのコーディネート。

スポーティな王太子妃

スポーティなスタイルがお気に入りで、国への愛情をはっきりと口にする王太子妃。写真はホーコン王太子と、2011年にオスロで開催されたスキー世界選手権にて。

王太子妃の健康

しかし、メッテ=マリット王太子妃にとって何もかもが完璧だったわけではない。2018年3月、良性発作性頭位めまい症で手術を受けることになった。

画像:Royal Court of Norway, handout

肺線維症

同年10月、肺線維症と診断され、公式行事への参加が制限されるようになる。

王太子妃と新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症が広がったとき、王室は肺線維症を患った王太子妃の健康状態を危惧していた。

 

ノルウェー王室に新風

ノルウェー王室にいっそうの多様性と活気をもたらしたメッテ=マリット王太子妃。幼少期とシングルマザー時代の苦労を経て国民にとり親しみやすい王太子妃となり、王室に新風を吹き込んでいる。

Más para ti