ロバート・ダウニー・Jr. はトニー・ダウニー・Jr.
オールマイティなモーガン・フリーマン
クールなサミュエル・L・ジャクソン
子供の心を忘れずに
エマ・ワトソンはハーマイオニー
少し頑固なアクション俳優
くつろぎムードのマシュー・マコノヒー
ブラックジョークで知られるリッキー・ジャーヴェイ
『ハングオーバー』のザック・ガリフィアナキス
医師役がヒットしたジョージ・クルーニー
パーティ好きな二人
最高のフレンド
悪役で人気のダニー・トレホ
シニカルなラリー・デヴィッド
怪優クリストファー・ウォーケン
魅力的でユーモラス
ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(1/16)
ロバート・ダウニー・Jr. はトニー・ダウニー・Jr.

無鉄砲で、粋で、チャーミングなロバート・ダウニー・Jr.。与えられた役に少しばかり手を加え、自身を投影することで知られている。ダウニーは『チャップリン』のように与えられた役になりきることもできるが、大抵はシニカルで魅力にあふれた本来の自分が反映された役が求められる。『アイアンマン』のトニー・スタークはダウニーであり、ダウニーはトニー・スタークなのだ。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(2/16)
オールマイティなモーガン・フリーマン

賢く、ユーモアがあり、優しさにあふれたモーガン・フリーマンは幅広いスタイルと神業のような演技で知られている。シニカルでダークな殺人鬼の心理を表現した『セブン』、素晴らしいナレーションと演技が高く評価された『ショーシャンクの空に』、スーパーヒーローを演じた大作『ダークナイト』など、多くの作品を通じ優雅で魅力的なフリーマンを見ることができる。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(3/16)
クールなサミュエル・L・ジャクソン

スクリーンの中でも外でもまったく違いがないように見えるサミュエル・L・ジャクソン。物言いがストレートで、意味のないことは口にしない。ただし、映画で演じる暴力的なキャラクターよりは実物の方がマイルドだといえそう。そして、観客がジャクソンの出演作のチケットを買うのは彼の姿がみたいからだ。成功のカギを握るスター、それがサミュエル・L・ジャクソンだ。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(4/16)
子供の心を忘れずに

アダム・サンドラーは労働者階級という自身のルーツを忘れることなく、平凡な男の役を通じてキャリアを積んできた。幼い頃からコメディアンになることを目指し、やがてその夢を実現してからも、平凡な男を演じ続けることに不満はないようだ。シリアスな役もこなせるが、より多くの人を笑顔にすること、それが彼の永遠の望みなのだ。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(5/16)
エマ・ワトソンはハーマイオニー

ハリー・ポッターのオーディションで、キャスティングチームに感銘を受けてこの世界に飛び込んだエマ・ワトソン。彼女自身、自分がハーマイオニーに良く似ていると思ったので、もし役をもらえなかったら大きなショックを受けていただろうと語っている。きちょうめんで勤勉、そして思いやりにあふれたエマ・ワトソンの成長を通じ、世界中の多くの人がその脆さと強さを見守ってきた。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(6/16)
少し頑固なアクション俳優

『ラスト・ボーイスカウト』のジョー・ハレンベックを始め、少々頑固でどこかユーモラスなキャラクターがブルース・ウィリス本人にもっとも近いといえるだろう。ウィリスは自分に近い役柄を良しとしているが、俳優としての幅の広さをあなどってはいけない。『パルプ・フィクション』、『ダイ・ハード』、『フィフス・エレメント』、『シックス・センス』などでわかるように、さまざまな役を見事に演じ分けている。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(7/16)
くつろぎムードのマシュー・マコノヒー

「裸でボンゴを演奏」のイメージが強いマシュー・マコノヒー。役作りでハードなトレーニングを経て肉体改造をしても、つねに彼らしいどこかゆったりした雰囲気を漂わせている。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(8/16)
ブラックジョークで知られるリッキー・ジャーヴェイ

40歳近くなってからこの業界でブレイクしたリッキー・ジャーヴェイス。多くのトップ・コメディアンがそうであるように、リッキーの演じる役はその多くが本人のイメージから生まれたもので、いずれもかなり個性的。『エキストラ:スターに近づけ』では自分以外のあらゆる人にもモノにもツッコミを入れている。すべてをイジり、映画界そのものを笑い飛ばす。それがリッキー・ジャーヴェイスだ。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(9/16)
『ハングオーバー』のザック・ガリフィアナキス

煩わしい人物を演じさせたら右にでる者はいない俳優としてのザック・ガリフィアナキスと、『Between Two Ferns』でみるような厄介な司会者としてのザック・ガリフィアナキスを見分けることはかなり難しい。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(10/16)
医師役がヒットしたジョージ・クルーニー

医療ドラマ『ER緊急救命室』でトップスターになったジョージ・クルーニー。このときの役はもちろん、与えられる役のほとんどにハンサムでチャーミングな本人の魅力がにじみ出ている。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(11/16)
パーティ好きな二人

チャーリー・シーンにこれほど適したキャラクターはないだろう。『チャーリー・シーンのハイパー★ボーイズ』のチャーリー・ハーパーはプレイボーイの大富豪で、女性とパーティーが大好きだが責任を取るのが大嫌い、「現実を知らない子供のような男」 という役どころだ。かなり本人に近いといえるだろう。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(12/16)
最高のフレンド

ユーモラスで魅力的、そして少しおっとりした雰囲気のジェニファー・アニストン。彼女の伸びやかな生き方は、スクリーンの中でも外でも見る者の心を掴んではなさない。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(13/16)
悪役で人気のダニー・トレホ

タトゥーに長髪で殺気立った表情を見せるダニー・トレホは、250本以上の映画で同じようなタイプの悪役やアンチヒーローを演じてきた。実生活でも長い刑務所暮らしをしたばかりか、アメリカで最も悪名高い刑務所の一つであるサン・クエンティンでボクシングのチャンピオンになったこともある。威圧的な外見からは意外に思えるかもしれないが、最近のトレホはかなり品行方正、しかもかなり家庭的だ。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(14/16)
シニカルなラリー・デヴィッド

米俳優ラリー・デヴィッドは、自身が出演する番組の脚本家でもあったことで大きな成功を手にした。『となりのサインフェルド』では自身の物憂げでシニカルな世界観を主人公たちに重ね、次作『ラリーのミッドライフ★クライシス』では自らの実体験をもとに番組づくりをした。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(15/16)
怪優クリストファー・ウォーケン

独特の声とパーソナリティの持ち主であるクリストファー・ウォーケンもまた、本人に近い役で起用されることが多い。風変わりな話し方、ユニークな役、そして独特な演技は、見る人を喜ばせる一方、落ち着かない気分にもさせる。イギリスのDJファットボーイ・スリムの『Weapon of Choice』のミュージックビデオでは、いつもとは一味違ったウォーケンを見ることができる。

ピープル
演じる役とそっくりなタイプの俳優たち
(16/16)
魅力的でユーモラス

ライアン・レイノルズがどこまでレイノルズで、どこからが『デッドプール』なのか、見定めるのはむずかしい。陽気で朗らかな魅力にあふれた役柄は、まるで彼のためにつくられたかのようだが、ほかのアクションコメディでもレイノルズらしさは健在だ。スクリーンの中でも外でもユーモアにあふれ、そして理想的な父親であり夫でもある。

Más para ti