ジョニー・デップの華麗なる恋愛遍歴

ジョニー・デップとアンバー・ハード
ロリ・アン・アリソン
20歳でロリ・アン・アリソンと結婚
2年足らずで離婚
シェリリン・フェン
「とても優しい初恋の人」
同じ道を歩む人
それぞれの道へ
ジェニファー・グレイ
ジョニーへの愛を綴った日記
「ベイビー」は忘れない
別々の道へ
私を救ってくれた人
ウィノナ・ライダー
永遠のフィアンセ
深い愛情があり、大切に守ってくれる人
さらなるセレブとの交際
ケイト・モス
ホテルでの騒動
1,000ドルのシャンパン
気が短いジョニー・デップ
ケイト・モスにもワイルドな面が?
ケイト・モスの涙
別離の悲しみ
ヴァネッサ・パラディ
一目惚れの瞬間
14年の月日と二人の子ども
破局の原因
再び恋に落ちたジョニー・デップ
アンバー・ハード
2015年に結婚
接近禁止令と700万ドルの和解金
愛で結ばれた関係
苦い破局
独り身のジョニー・デップ
ジョニー・デップとアンバー・ハード

長期化していたジョニー・デップと元妻アンバー・ハードの名誉棄損裁判は、ジョニーの勝訴となった。今回は渦中の人、ジョニー・デップの華麗なる恋愛遍歴を振り返ってみよう。

ロリ・アン・アリソン

写真は80年代のジョニー・デップ。彼は1983年にロサンゼルス出身のメイクアップアーティスト、ロリ・アン・アリソンと結婚している。

20歳でロリ・アン・アリソンと結婚

ジョニー・デップの伝記『The Amazing Life of Johnny Depp(マット・グリーン著)』によれば、結婚当時の彼は20歳、ロリはジョニー・デップが所属していたバンドのベーシストの姉で、25歳だった。

2年足らずで離婚

結婚から2年目の1985年に別居、やがて離婚に至ったものの二人の関係は良好だという。ニュースサイトの『TMZ』によれば、二人は親しい友人であり続けているそうだ。

シェリリン・フェン

ロリと離婚したジョニー・デップが付き合い始めたのはシェリリン・フェン。『インサイダー』誌によれば、二人の交際期間は1986年から1989年の頃にあたるようだ。

「とても優しい初恋の人」

シェリリン・フェンは2017年に『ビッグイシュー』誌にジョニー・デップとの関係について語った:「二人とも駆け出しの頃に2年半ほど付き合っていたわ。とても優しい人で、私にとって初恋の人だったの」

同じ道を歩む人

「一人の若い女性として初めて本当の愛を知ったの。同じ道を歩む人だったけれど、たとえそうでなくても二人の愛と絆はとても強かったと思う。食事を作ったり、デートを楽しんだり、一緒に泣いたり笑ったり......。映画スターとしてではなく、一人の人間として彼のことを知った」

それぞれの道へ

破局の理由についてとくにコメントはされていない。『ザ・リスト』誌によればフェリリン・シェンはジョニー・デップを高く評価しており、実際、アンバー・ハードへのDV疑惑が浮上した時にはツイッターを通じて元交際相手を擁護している。

 

ジェニファー・グレイ

1989年、ジョニー・デップは『ダーティ・ダンシング』で一躍スターとなったジェニファー・グレイに交際2週間目にしてプロポーズをした。

 

ジョニーへの愛を綴った日記

それから時が流れ、ジェニファー・グレイは『ピープル』誌のインタビューで、ジョニー・デップへの愛を綴った当時の日記を引用している:「人生で初めて本気の恋をしている。彼は優しくてユーモアがあり、スマートで道徳的、思慮深くて尊敬できる人」

「ベイビー」は忘れない

ジェニファー・グレイは回顧録『Out of the Corner』でもジョニー・デップとの関係に言及している。ちなみに、回顧録のタイトルは『ダーティ・ダンシング』の名台詞「ベイビーを不当に扱うヤツは僕が許さない "Nobody puts Baby in a corner"」にちなんだものだ。

別々の道へ

二人はお互いに納得した上で別れることになった。ジェニファー・グレイはトーク番組の『エンターテイメント・トゥナイト』で、二人で話し合って出した結論だとしている。

 

私を救ってくれた人

「起こるべくして起こった自然な別れだった。私は心の中では傷ついていて、別れることで痛みから解放されたの」結局、二人は結婚には至らなかった。

ウィノナ・ライダー

ジョニー・デップの恋愛遍歴の中で、最も注目を集めた交際相手はウィノナ・ライダーだろう。腕に「Winona forever」とタトゥーを入れたことも有名だ。

永遠のフィアンセ

交際を始めた時、ジョニー・デップは25歳でウィノナ・ライダーはまだ17歳だった。二人は3年間婚約をしていたが結婚には至らず、有名なタトゥーは「Wino forever」に書きかえられた。

深い愛情があり、大切に守ってくれる人

『タイム』誌に対し、ウィノナ・ライダーは「暴力を受けたことなんて一度もない。率直にとても良い人だと思っている。信じられないほど深い愛情があり、思いやりのある人。彼は私や大切な人たちを強く守るタイプだから、一緒にいるととても安心できた」と語っている。

さらなるセレブとの交際

ウィノナ・ライダーと破局してからアンバー・ハードと結婚するまでの間に、ほかに2人のセレブとの交際が明らかになっている。

 

ケイト・モス

ウィノナ・ライダーと別れたジョニー・デップはトップモデルのケイト・モスと交際を開始、二人ともハリウッドの“Aリスト”級のスターだったことから大騒ぎになった。

ホテルでの騒動

その頃の『インサイド』誌は、ジョニー・デップがニューヨークにあるマーク・ホテルの一室を破壊したと報じた。告訴を回避するため、ジョニー・デップは9,000ドルを超える損害賠償を支払う羽目に陥った。その部屋にはケイト・モスも一緒にいたが、ケガはなかったと『ピープル』誌が伝えている。

 

1,000ドルのシャンパン

『ピープル』誌に対し、ジョニー・デップはロンドンにあるホテルのバスタブを満たすため1本1,000ドルのシャンパンボトルを開けていたという。ケイト・モスのモデル事務所は、この乱痴気パーティに彼女が参加していたことを否定している。

気が短いジョニー・デップ

『ピープル』誌によれば、ジョニー・デップの友人で映画監督のジョン・ウォーターズはマーク・ホテルの一件をこう語っている。「ジョニーは確かに気が短いと思う。ただ、きっかけはルームサービスが悪かったとか、ほんの些細なことだったんだろう」

ケイト・モスにもワイルドな面が?

『ピープル』誌によれば、ケイト・モスもまた、カンヌの名門ホテル「オテル・デュ・キャップ」の部屋を壊したそうだ。公共スペースである廊下をビキニ姿が許可されないことに激怒したことが原因で、この事件でホテルから永久の出入り禁止を言い渡されている。

ケイト・モスの涙

2012年、ケイト・モスは『ヴァニティ・フェア』誌にジョニー・デップとの破局について語っている。「何週間も泣いていたわ。あの頃の私には親身に相手になってくれる人なんていなかった。ジョニーは少しの間だけれど私を大切にしてくれた。何をどうすべきか相談すれば答えてくれたし、その言葉はすべて信じることができた。彼と別れた時、そのすべてを失ってしまった」

別離の悲しみ

互いに強く惹かれ合った二人だが、やがて別々の道を歩むことになる。ケイト・モスは『ヴァニティ・フェア』誌に対し、「心から信頼できる人を失ってしまった。まるで悪夢のようで、長い期間にわたり泣き続けたわ」と悲しみを語っている。

ヴァネッサ・パラディ

ジョニー・デップの次の恋もきわめて真剣なものだった。ロマン・ポランスキー監督の『ナインスゲート』の撮影をきっかけにフランス人女優兼歌手ヴァネッサ・パラディと出会い、1998年から交際をスタートさせた。

一目惚れの瞬間

「バックレスドレスを着ていた彼女の背中と首が目に入ったんだ。そして彼女が振り返り、目が合った。その瞬間、ドカンと恋に落ちたんだ」ジョニー・デップは当時の『ディリー・メール』誌でヴァネッサ・パラディに一目惚れした瞬間について語っている。

 

14年の月日と二人の子ども

二人の関係はかなり順調に発展し、14年にわたる交際期間中に2人の子供にも恵まれた。しかし2012年に破局。二人の子どもはリリー=ローズ・メロディ(1999) とジョン・クリストファー (2002)だ。

 

破局の原因

『ローリング・ストーン』誌に対し、ヴァネッサ・パラディは二人の破局の一因は遠距離の関係にあると語っている。「だれしも不幸な関係性に陥ることがあるもの。誰かを深く愛しているのに、そのことが自分を不幸にしていて、いつか変化が訪れてすべてうまくいきだすという望みをもってしまう」

再び恋に落ちたジョニー・デップ

ヴァネッサ・パラディとの破局が明らかになった時、ジョニー・デップはすでにほかの有名女優と恋愛関係にあった。

アンバー・ハード

2009年に『ラム・ダイアリー』の撮影現場で知り合ったジョニー・デップとアンバー・ハードは、映画のプロモーション中の2011年に交際をスタートさせた。

2015年に結婚

二人は2015年に結婚。当時の『ピープル』誌によれば、出席者25人ほどの小さな結婚式が執り行われた。結婚式の後に起きたことについては現在係争中となっており、各国のメディアやSNSで取り上げられている。

接近禁止令と700万ドルの和解金

二人は2017年に離婚。アンバー・ハードは身体的虐待を理由にジョニー・デップに接近禁止令を申請するが、法廷外で「和解」し取り下げを行った。ジョニー・デップは和解金として700万ドルを支払った。

愛で結ばれた関係

『BBC』の報道によれば、この騒動の後に二人は共同声明を発表している。「私たちの関係はきわめて情熱的で、時に不安定ではあったけれど、つねに愛で結ばれていた。どちらも金銭的な利益を得るために虚偽の告発をしたわけではなく、肉体的または精神的な危害を加える意図はまったくなかった」

苦い破局

二人のハリウッドスターは、泥沼裁判の末に離婚した。

独り身のジョニー・デップ

複数のメディアは、ジョニー・デップが現在独り身であると報じている。2020年にはイギリス出身のモデル、ソフィー・ヘルマンと交際との噂も流れたがが確認はされていないと『The List』誌が伝えている。

Más para ti