キアヌ・リーヴスの新恋人:アレクサンドラ・グラントって誰?

うわさの女性
控えめな関係
再び話題に
カップルの写真
アレクサンドラ・グラントって誰?
『Ode to Happiness』
『Shadows』
X Artists' Booksの創設
アレクサンドラの交際発表
なによりも愛情
人気者キアヌ
歳の差は?
2人の信念
シンプルなライフスタイル
キアヌの財産
気配りを欠かさないキアヌ
プロジェクト「grantLOVE」
ほぼ20年ぶりの恋愛
お幸せに!
うわさの女性

「キアヌ・リーブスの新恋人」としてSNSを沸かせているアレクサンドラ・グラント。キアヌとは2019年から交際しているようだ。

控えめな関係

実際、交際を発表してからは一緒に公の場に姿を現すこともしばしばだ(写真は2019年のイベントにて)。

 

再び話題に

しかし最近また、キアヌ・リーヴスとアレクサンドラ・グラントのツーショットが騒がれるようになっている。というのも、古臭い男女観からするとアレクサンドラはキアヌよりかなり年上だからだというのだが…… 本当に年上なのだろうか?これについては後ほど詳しく触れよう。

 

カップルの写真

2人は2019年に新型コロナウイルスの世界的流行が始まって以来、公の場から姿を消していた。しかし今年3月、ロサンゼルス現代美術館で開催された「MOCA Gala 2022」に2人そろって登場した。

 

アレクサンドラ・グラントって誰?

画家・イラストレーターとして活躍するアレクサンドラ・グラントが、キアヌとともに姿を現す場としてアート関連のイベントを選んだのは偶然ではない。

 

 

『Ode to Happiness』

2人が知り合ったのは2011年、キアヌが文章を、アレクサンドラがイラストを担当した書籍『Ode to Happiness』を制作したときだ。この作品は「現代社会で悪の根源となっているエゴや強欲さを排して、生きる意味を追い求める」物語だ。

 

『Shadows』

5年後、2人はイラストブック『Shadows』で共同制作を行い、ロサンゼルスとアイダホで展示会も開催した。

 

X Artists' Booksの創設

2人の創作活動は順調だったため、2017年には共同で出版社「X Artists' Books」を立ち上げ、共同作を発表してゆくことになった。やがて、2人の関係はロマンスへと発展したのだ。

アレクサンドラの交際発表

2020年、アレクサンドラ・グラントは『ヴォーグ』誌のインタビューでキアヌ・リーヴスとの関係についてコメントした。

なによりも愛情

いわく:「私のアイデンティティにおいて大切なのは、あらゆる面での愛情です。孤立は進むべき道ではないと思います。画家として一人にならなければならないこともありますが、私は人間関係を心から評価しています」

人気者キアヌ

一方、アレクサンドラ・グラントのお相手、キアヌ・リーヴスはキャリアを通して世界中の人々の共感を呼んでいる俳優だ。

歳の差は?

歳の差はというと、1964年生まれのキアヌ・リーブスは、1973年生まれのアレクサンドラ・グラントよりもほぼ9歳年上だ。

2人の信念

キアヌ・リーヴスとアレクサンドラ・グラントにとって安定した関係の秘訣は信念の共有にほかならならない。

 

シンプルなライフスタイル

それはアートへの情熱や共同出版だけではない。キアヌはハリウッド屈指の大スターであるにもかかわらず、派手なライフスタイルを好まないのだ。

 

キアヌの財産

『フォーブス』誌によれば、キアヌ・リーヴスの資産は推定3億6,000万ドル。しかし、豪邸やプライベートジェット、プライベートアイランドを購入するのではなく、他の人のために使うことを選んでいる。

 

気配りを欠かさないキアヌ

たとえば『フォーブス』誌が伝えたところでは、『ジョン・ウィック』シリーズでスタントを務めた3人をパリの豪華レストランに招待して会食したばかりか、5万5,000ドル以上もするロレックスのダイバーズウォッチのカスタマイズモデルをプレゼントしたという。

 

プロジェクト「grantLOVE」

一方のアレクサンドラ・グラントも負けてはいない。プロジェクト「grantLOVE」を通して様々な作品を販売し、その売り上げで駆け出しの芸術家たちを支援しているのだ。

 

ほぼ20年ぶりの恋愛

また、キアヌ・リーヴスは2001年に元パートナーのジェニファー・サイムが悲劇的な死を遂げて以来、ずっと独身を貫いてきた。そんな彼にとってアレクサンドラ・グラントはほぼ20年ぶりの恋人だということになる。

お幸せに!

キアヌ・リーヴスとアレクサンドラ・グラントがレッドカーペットで交際を公表したのは2019年11月。以来、2人の仲は深まるばかりだ。

キアヌ・リーブス:ドラマチックな半生と新たな旅立ち

Más para ti