世界で最も裕福な王族は誰?
1位:ワチラロンコン国王(タイ)
王妃のほかに側室を持つ風変わりな国王
側室のシニナート妃は現役パイロット?!
2位:ハサナル・ボルキア国王(ブルネイ)
ブルネイ国王のお金の使い道は
時計を見せて、ハサナル国王殿下
3位:サルマン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール=サウード国王(サウジアラビア)
サウード家の驚くべき資産
殺されたジャーナリストとの不審な関係
4位:ハリーファ・ビン・ ザーイド・アール・ナヒヤーン首長(アラブ首長国連邦)
ロンドンでも不動産王
年間2億ドルがロンドンからやってくる?
5位:ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム首長(ドバイ首長国)
6番目の妻との泥沼離婚劇
離婚訴訟、スパイ、ハッキングの費用
6位:ムハンマド6世(モロッコ)
国王は不動産投資家でビジネスマン
一日当たり96万ドルの宮殿維持費
7位:ハンス・アダム2世(リヒテンシュタイン)
銀行業から美術品投資まで
ワイナリー、農業関連会社もしっかり経営
8位:アンリ大公(ルクセンブルク)
家族揃って同じお城で生活
資産は公表された数値よりもずっと少ない!
9位:タミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー首長 (カタール)
ガス、オイルマネーが資産の源泉
サッカー、パリ・サンジェルマンFCのオーナー
10位:アルベール2世(モナコ)
多くの有名人やモデルとの噂
豪華すぎる結婚式のお値段は7,000万ドル
11位:エリザベス2世(イギリス)
英王室の財源 
英国女王、資産の唯一の使い道は馬?
世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(1/34)
世界で最も裕福な王族は誰?

エリザベス英女王の純資産は一体どのくらい?世界のほかのリッチな王族との違いは?こうした王族がどれくらいの資産をもっているのかトップ10を見てみよう。

(出典:経済紙『ビジネス・インサイダー』、『フォーブス』、『CEOワールド』、『ザ・ガーディアン』)

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(2/34)
1位:ワチラロンコン国王(タイ)

世界一裕福な君主とされるのは、ラーマ10世として知られるタイのワチラロンコン国王。その純資産は430億ドルとされている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(3/34)
王妃のほかに側室を持つ風変わりな国王

タイのワチラロンコン国王は1952年生まれ。これまでに5回の結婚と3回の離婚を経験、二人の女性と同時に結婚するドラマティックな人生を謳歌。身分はそれぞれ王妃、側室となっている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(4/34)
側室のシニナート妃は現役パイロット?!

妻の間に見え隠れする確執。というのは、側室のシニナート妃は軍出身でパイロット資格所持者、国王が所有する38機の飛行機やヘリコプターのコックピットに座り、空の旅に出ることもあるからだ。これは2020年のタイ王室のスキャンダルのきっかけとなった。

 

 

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(5/34)
2位:ハサナル・ボルキア国王(ブルネイ)

ブルネイ王国のスルタンであるハサナル・ボルキアは、長らく世界で最も裕福な王族であった。その資産が消えたわけではないが、世界一の座はタイのワチラロンコン国王に奪われてしまった。とはいえスルタンの資産は推定280億ドルと複数の金融メディアが報じている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(6/34)
ブルネイ国王のお金の使い道は

さまざまな使い道の中でも、ハサナル・ボルキア国王はイスタナ・ヌルル・イマン宮殿に巨額の金を投じている。ギネスブックにも載っている、世界最大級の部屋数1788を誇る宮殿だ。

(写真:スルタンの娘婿アブドラ・アル・ハシミ、王女ファジラと王子マティーン、王宮にて)

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(7/34)
時計を見せて、ハサナル国王殿下

ハサナル・ボルキア国王は数百台のロールスロイスを含む数千台の車を所有している。さらに定期的な髪の手入れを惜しまず、その散髪費用は約2万ドルにのぼる。時計にもこだわりを見せ、写真のように天文学的な値段のオリジナル時計を腕に光らせている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(8/34)
3位:サルマン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール=サウード国王(サウジアラビア)

サウジアラビアのサルマン国王の資産は約180億ドル。その大部分はオイル、天然ガス産業と国営石油会社サウジアラムコからもたらされる。サルマン国王は豪華クルーズ船、高価な絵画への投資がお好みのようだ。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(9/34)
サウード家の驚くべき資産

サウード家全体の資産を合わせると、1兆4千億ドルと推定される。なおこの額にはサルマン国王の甥であるアル=ワリード・ビン・タラル王子息子であるムハンマド・ビン・サルマン・アール=サウード皇太子の資産も含まれている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(10/34)
殺されたジャーナリストとの不審な関係

二人の王族は過去数年にわたり何度か論争を引き起こしている。アル=ワリード王子は汚職容疑で逮捕され、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子については、2018年に起こった反政府ジャーナリストのジャマル・カショギ氏殺害への関与が疑われている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(11/34)
4位:ハリーファ・ビン・ ザーイド・アール・ナヒヤーン首長(アラブ首長国連邦)

7つの首長国からなるアラブ首長国連邦の長、そしてアブダビ首長であるハリーファ・ビン・ ザーイド・アール・ナヒヤーンの資産は推定約150億ドルだ。なおアラブ首長国連邦はアブダビ、ドバイ、シャールジャ、アジュマーン、ウンム・アル=カイワイン、フジャイラ、ラアス・アル=ハイマからなる。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(12/34)
ロンドンでも不動産王

アール・ナヒヤーン一族は高級車、飛行機、ヨットだけでなく、不動産投資にも熱を上げている。世界で最も高いビルとして知られるドバイのブルジュ・ハリファ、そしてロンドンには推定71億ドル(55億ポンド)の不動産も所有している。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(13/34)
年間2億ドルがロンドンからやってくる?

『ザ・ガーディアン』によると、ロンドンに所有する不動産はアール・ナヒヤーン王家に年間2億590万ドルの利益をもたらしているそうだ。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(14/34)
5位:ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム首長(ドバイ首長国)

ドバイ首長国のムハンマド・ビン・ラシド・マクトム首長の純資産は140億ドルと推定される。この君主は馬好きとして知られ、最高品種の馬や厩舎に何百万ドルも費やすが、その資産額を考えればスズメの涙といえるだろう。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(15/34)
6番目の妻との泥沼離婚劇

また、ドバイの首長は6番目の妻であるハヤとの離婚、財産分与、子ども達の親権を巡り抗争を続けており、弁護士、訴訟費用に法外な額を払っている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(16/34)
離婚訴訟、スパイ、ハッキングの費用

『タイムズ』誌によれば、ロンドンの高等裁判所は2021年10月、首長が元妻のハヤ元妃とその弁護士の電話をスパイウェアで盗聴することを許可したと認定。また、娘シャムサとラティーファを拉致したとして、イングランドとウェールズの高等裁判所から有罪判決を受けたと『ザ・ガーディアン』が述べている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(17/34)
6位:ムハンマド6世(モロッコ)

モロッコの国王がビジネスで受けとる収入は、488,604ドルという控えめなものと『ビジネス・インサイダー』は報じている。では、多くのメディアにより21から82億ドルと推定される富を、国王はどんな手段で手に入れたのだろうか?

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(18/34)
国王は不動産投資家でビジネスマン

モロッコのムハンマド6世はいわゆる敏腕ビジネスマンで銀行家でもあるとするのは『ビジネス・スタンダード』誌。国王は国内に多くの不動産を所有しており、『タイムズ』誌によれば派手な不動産に散財するのが好きで、2020年末にはパリのエッフェル塔近くに12の寝室をもつ豪邸を約8,000万ユーロで購入。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(19/34)
一日当たり96万ドルの宮殿維持費

『フォーブス』誌によれば、モロッコ国王とその家族が居住する宮殿には一日あたり96万ドルの運営費がかかる。これはすべて国民からの税金で支えられている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(20/34)
7位:ハンス・アダム2世(リヒテンシュタイン)

小国の裕福な元首と言えばこの人だろう。リヒテンシュタインのハンス・アダム2世は35〜72億ドルの資産を所有している。ただしメディアによって推定資産額は異なり、『ビジネス・スタンダード』は一番低い35億ドル、『ブルームバーグ』と『ラブ・マネー』は44億ドルと推定。『インサイダー』は最高推定額の72億ドルを挙げている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(21/34)
銀行業から美術品投資まで

王家が運営するプライベートバンク「グローバルトラスト」で数十億ドルの利益を手にした王子は、ルーベンス、ラファエル、サルヴィアーティなどの名画を集めることで知られる。こうした作品はリヒテンシュタイン美術館を通じて一般に開放されている。

(Image: the Royal Vaduz palace in Liechtenstein, by Henrique Ferreira/ Unsplash)

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(22/34)
ワイナリー、農業関連会社もしっかり経営

リヒテンシュタイン公は芸術を愛するだけでなく、良質なワインにも関心があるようだ。国内に複数のワイナリーと農業会社を所有している。ここからも一定の収益があるのは言うまでもない。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(23/34)
8位:アンリ大公(ルクセンブルク)

ルクセンブルクの君主であるアンリ大公も忘れてはならない。40億ドルの純資産があるとされるが、歳出と歳入がいまひとつよくわからない謎めいた君主の一人だ。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(24/34)
家族揃って同じお城で生活

というのもアンリ大公は妻、5人の子供、4人の孫からなる家族とともにベルク城に居住しており、多くの城を所有してはいるがそれに財産を費やしているようにはみえないのだ。ほか、南フランスに休暇用の別荘を所有しているが、アンリ大公の支出と収入に関してははっきりしない部分が多いと『ビジネス・スタンダード』は報じている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(25/34)
資産は公表された数値よりもずっと少ない!

アンリ・ルクセンブルク大公は『フォーブス』のような経済紙が大公の財産について話題にすることを嫌がっている。2019年、同紙が世界で最も裕福な君主リストを発表すると、ツイッターで不満を表明。”大公の資産額がある出版社により発表されたが、これは単なるファンタジーだ。実際の資産については、最近噂された数字よりもごくわずかなものだ”

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(26/34)
9位:タミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー首長 (カタール)

1980年生まれ、永遠のスマイルを持つカタールの首長こそ世界で最も若い君主の一人である。その推定純資産は推定21億ドルにのぼると『ビジネス・スタンダード』は報告している。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(27/34)
ガス、オイルマネーが資産の源泉

カタール首長であるタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニーの財産は主にカタール投資局からもたらされる。同庁は国内のオイル、ガスから得られる利益をセインズベリーやハロッズなどの外国企業に投資している。またロンドンに位置する欧州きっての超高層タワー「ザ・シャード」にも出資をしている。

画像:タミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー(左)、サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール=サウード国王(右)

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(28/34)
サッカー、パリ・サンジェルマンFCのオーナー

カタールの首長は、世界屈指のサッカー選手であるメッシ、ネイマール、エムバペを抱えるパリ・サンジェルマンFCのオーナーとしても知られている。2021-2022シーズンは総額3億7444万ユーロもの給与をチームに支払った。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(29/34)
10位:アルベール2世(モナコ)

小国の主であるアルベール2世はヨーロッパで三番目に裕福な君主である。その推定資産は10億ドルで、王族が運営するモンテカルロ歌劇場やカジノが主な財源とされている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(30/34)
多くの有名人やモデルとの噂

モナコ公はスーパーモデルやセレブリティーと写真に納まり、豪華なパーティーをしたり旅行に出るのが好きなようだ。また彼の父親のレーニエ3世のクラシックカーコレクション、母親のグレース・ケリーのフィラデルフィアの邸宅を譲り受けた。ABCニュースによれば、こうした財産は約754,000ドル相当と見積もられている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(31/34)
豪華すぎる結婚式のお値段は7,000万ドル

2011年アルベール2世公は南アフリカ出身の元競泳選手シャーリーン・リネット・ウィットストックと史上最高額ともいわれる豪華な結婚式を挙げた。『マリ・クレール』誌は、この結婚式には6,500から7,500万ドルの費用がかかったと推定。現在、夫妻は二人の間に生まれた双子のガブリエラ、ジャックと共にモナコ大公宮殿で暮らしている。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(32/34)
11位:エリザベス2世(イギリス)

世界一有名な君主がなかなかランキングに登場しないことに、驚いた方もいるだろう。そう、11位にようやくイギリスのエリザベス2世女王が登場する。『サンデイ・タイムズ』によると英女王の純資産は3億5千万ポンド、一方『フォーブス』によると約5億ポンドと推定される。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(33/34)
英王室の財源 

英国王室全体の純資産額はさらにそれを上回る。イングランドとスコットランドに所有する王領地、そして所有するランカスター、コーンウォール公領からの不動産収入を合わせ約280億ドルにのぼる。

世界で最も裕福な君主:エリザベス英女王を含むトップ10
(34/34)
英国女王、資産の唯一の使い道は馬?

エリザベス女王は倹約家として知られ、個人的な趣味に散在することはない。だが馬だけは例外のようだ。『イブニング・スタンダード』によると厩舎とサラブレットの維持費は年間60万ポンドと推定されている。

Más para ti