トランプ氏と暮らすのは大変......
キスをしようとする夫
すぼめた唇
マスターした「エアーキス」
アメリカのために!
「ファーストレディー・ハンドブック」に従おう
ポーカーフェイスの訓練
あるいはしっぺ返し?
人生の選択を後悔?
立ち去るだけでいい
ああ、神様!
ハンバーガーの匂いがしないって素敵
二人並んだある日
つい顔に出てしまった
カメラの前で努力
本当の気持ちは隠せない
トランプ氏の騒ぎに付き合うのも簡単ではない
横目で見て...... 
そして睨むような視線
ホワイトハウスでの最終日
ファーストレディはおわり
ファーストレディとしての4年間を終えて
メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(1/22)
トランプ氏と暮らすのは大変......

元ファーストレディはこの数年、険しい道を歩んできた。ドナルド・トランプと結婚しているだけでも相当大変であろうに、優しい妻というイメージをつねに示さなければならないのはさらに難しいことだろう。次の写真を通して、メラニア夫人が前大統領に対して抱えている本音を考えてみよう。

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(2/22)
キスをしようとする夫

トランプ元大統領夫妻の写真は星の数ほどあるが、その多くはトランプ氏が夫人にキスしようと顔を近づけている写真だ。メラニア夫人は人前でそうした行動をされるのが好きではないらしく、キスを回避する名人だといわれる。例えば、この写真では彼女は夫の手首を押さえ、近づきすぎないようにしているようだ。

 

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(3/22)
すぼめた唇

メラニア夫人を責めることはできない。もしあのプックリとした唇が迫ってきたら、誰でも逃げ出すしかないだろう!

 

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(4/22)
マスターした「エアーキス」

さて、あなたの夫が人前でキスを求めてきたとき、あなたが後ずさりしたら夫の印象を悪くしてしまうだろう。ではどうすればいいのだろう?メラニア夫人の対処法を参考にするといい。それは顔をわずかにそらして頬にキスさせ、そのまま「エアーキス(頬でキスの音をさせるだけ)」で返すこと。

 

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(5/22)
アメリカのために!

しかし、メラニア夫人のようなキス回避のエキスパートでもあらゆる場面を避けられるわけではない。彼女はきっと、「アメリカのためにキスするのよ、メラニア、アメリカのために!」と思っているに違いない。

 

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(6/22)
「ファーストレディー・ハンドブック」に従おう

もし「ファーストレディー・ハンドブック」が存在するとしたら、大統領がスピーチをするときは注意深く、愛情を込めて見つめること、と書かれてあるに違いない。とはいえ、あなたの夫がアメリカ史上最もばかげた発言を繰り返していては、そんなルールは通用しないかもしれない。

 

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(7/22)
ポーカーフェイスの訓練

おそらくメラニア夫人はポーカーフェイスを鍛える必要があるだろう。彼女は素晴らしく美しい笑顔の持ち主だが、夫が突拍子もないことし始めると、嫌悪感が表に出るのを抑えられないようなのだ。

 

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(8/22)
あるいはしっぺ返し?

あるいは、メラニア夫人が元大統領のスピーチにあまり敬意を払わないのは、夫の自分に対する仕打ちへのごく控えめな仕返しなのかもしれない。というのもトランプ氏は、妻がスピーチをする間は自身の疲労回復に努めているのだから......

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(9/22)
人生の選択を後悔?

この写真では、メラニア夫人が考えていることを想像せずにはいられない。一番可能性が高いのは、「神よ、私の人生はこんなはずじゃなかった。一体何のために結婚したのだろう?」ではないだろうか。

 

 

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(10/22)
立ち去るだけでいい

夫の悪ふざけに耐え切れず、人前で恥ずかしくなり穴にも入りたい気持ちになったらどうすればいいだろう?そんなときはメラニア夫人を見習おう。「何も言わずその場を後にする」、ただそれだけでいい。

 

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(11/22)
ああ、神様!

トランプ元大統領といるときとは対照的に、カナダのトルドー首相と収まったこの写真でのはメラニー夫人は表情豊かだ。トルドー首相と言葉を交わし、一緒にいることを純粋に喜んでいるように見える。

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(12/22)
ハンバーガーの匂いがしないって素敵

率直に言って彼女を責めることはできない。スプレーで日焼けしたり、ベッドでマネーゲーム番組『シャーク・タンク』を見ながらビッグマックを食べるという悪趣味とは程遠い男性の近くにいることは、気分爽快なことに違いないのだ。

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(13/22)
二人並んだある日

メラニア夫人が何もかもにうんざりしているような雰囲気の写真は数多い。トランプ氏と毎日一緒に暮らしていると、かなりすさんだ気持ちに陥るのかもしれない。

 

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(14/22)
つい顔に出てしまった

これはトランプ氏が最も得意とすること、つまりばかげた言動をした場面のひとつ。夫の態度に無関心を装おうとしても、ひきつったメラニアの顔がすべてを物語っている!

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(15/22)
カメラの前で努力

軽蔑したい気持ちを隠し、米国市民のために良い顔をしてみせることは、非常に骨の折れることに違いない。この写真では、メラニア夫人はそれを見事にしてのけたが......

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(16/22)
本当の気持ちは隠せない

しかし、注目がそれたと思った瞬間の彼女の表情は......そしてファッションの選択は!? そこに 本心が見え隠れしている。

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(17/22)
トランプ氏の騒ぎに付き合うのも簡単ではない

では休日にトランプ氏がパーティ騒ぎをするのを見るのはどうだろう?メラニア夫人は夫のパーティにうんざりしているようだが、これもファーストレディの務めの1つである。

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(18/22)
横目で見て...... 

常にスポットライトを浴びる人の苦労の一つは、一挙手一投足をカメラに撮られてしまうことだろう。この写真は、メラニア夫人がトランプ氏を横目で見た瞬間をとらえている。間違いなく、優しい妻の視線ではないようだ。

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(19/22)
そして睨むような視線

やはり、メラニア夫人がトランプ氏の発言や態度に納得がいかないことがあるのは明らかだろう。

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(20/22)
ホワイトハウスでの最終日

ホワイトハウスでの生活が終わったとき、メラニア夫人は大きく安堵したことだろう。彼女はようやくあの場所から外に出られたのだから。しかし、もちろん元大統領はちょっとしたラストスピーチをする必要があったようだが......。

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(21/22)
ファーストレディはおわり

そして、ホワイトハウスを後にしてフロリダに降り立った後ふたたびマスコミが......いや、メラニア夫人はもう気を遣うことはなかった。

メラニア&ドナルド・トランプ:写真で見るぎこちない夫婦
(22/22)
ファーストレディとしての4年間を終えて

そして現在、メラニア夫人はやっと寛いだ日々を過ごしている。

Más para ti