いつまでも輝き続けるスター
ニューヨークの街角で
バーチャル空間でも活躍
VIPな存在感
最新の出演作
両親の先見の明
『アリス・スウィート・アリス』(1976)
『プリティ・ベイビー』(1978)
『ティルト』(1979)
『グランドキャニオンの黄金』(1979)
『青い珊瑚礁』(1980)
『エンドレス・ラブ』(1981)
『サハラ』(1983)
『キャノンボール3 新しき挑戦者たち』(1989)
『ブレンダ・スター』(1989)
『ミュータント・フリークス』(1993)
『プロポーズ』(1999)
『ブルック・シールズのハロー!スーザン』(2000)
『Our ItaIian Husband』(2004)
『Bob the Butler』(2005)
『ミッドナイト・ミート・トレイン』(2008)
『アニマル・ウォーズ 森林帝国の逆襲』(2010)
『The Greening of Whitney Brown』(2011)
『ホットフラッシュ ワタシたちスーパー・ミドルエイジ!』(2013)
『Daisy Winters』(2017)
『ジェーン・ザ・ヴァージン』(2018)
ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(1/26)
いつまでも輝き続けるスター

21年前に『青い珊瑚礁』で世界を魅了したブルック・シールズ。重要な役どころは年々減っているとはいえ、セレブとして活躍を続けている。写真は、2022年3月にニューヨークにあるホイットニー美術館で行われた、ドラマシリーズ『アンディ・ウォーホル・ダイアリーズ』の上映会にて。

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(2/26)
ニューヨークの街角で

2021年5月、夫のクリス・ヘンチーと一緒に、ニューヨーク市内を歩いているところを目撃された。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(3/26)
バーチャル空間でも活躍

新型コロナウイルスの世界的流行で外出が制限されるようになると、シールズもオンラインで実況動画を始めるようになった。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(4/26)
VIPな存在感

一方で、観劇に出かけたブロードウェイをはじめ、あちこちで写真に収まるブルック・シールズ。写真は2020年3月に行われた『ガール・フロム・ザ・ノースカントリー』の舞台挨拶の際のもの。

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(5/26)
最新の出演作

最近の出演作としては、ケイリー・エルウィスやリー・ロスとともに主演した『Castle for Christmas』(Netflix)がある。この映画でブルック・シールズは主役ソフィー・ブラウンを演じた(写真)。そこで、今回はブルック・シーリズの軌跡と変化を写真で追いかけよう!

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(6/26)
両親の先見の明

1965年5月31日生まれのブルック・シールズ。元モデルの母と化粧品メーカー幹部の父はブルックが幼いうちからその美しさに気づき、大手ブランドを惹きつける何かを見出していた。

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(7/26)
『アリス・スウィート・アリス』(1976)

さまざまなTVコマーシャルに出演していたブルック・シールズがスクリーンに初登場したのは1976年。10歳にしてホラー映画『アリス・スウィート・アリス』に出演したのだ。

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(8/26)
『プリティ・ベイビー』(1978)

13歳になると、フランスのルイ・マル監督が制作した『プリティ・ベイビー』にバイオレット役で出演。売春婦の娘という役どころで、未成年にふさわしくないシーンもあったため議論の的になった。そして、マスコミはブルックの母親が彼女の子供時代を奪っていると非難した。

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(9/26)
『ティルト』(1979)

ハリウッドの新星として未来が約束されたブルック・シールズ。1979年には主演映画『ティルト』で、恋人の少年と一緒に家出するピンボール・プレーヤー役を演じた。しかし、後年になって、映画界での最初の数年は心地よいものではなかったと自伝の中で打ち明けている。

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(10/26)
『グランドキャニオンの黄金』(1979)

1979年には、映画『グランドキャニオンの黄金』で孤児役を演じる契約にサイン。しかし、この時すでに母親からプレッシャーを掛けられていたという。『Porter Edit』誌のインタビューによれば:「母は私のことをデブと呼んだり、傷つけるようなことを言うので不愉快でした」

 

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(11/26)
『青い珊瑚礁』(1980)

ブルックの女優キャリアにおけるターニングポイントとなった『青い珊瑚礁』。まだ未成年だったが、大胆に肌を見せたり、共演者とのラブシーンを演じたりした。この映画のおかげで、ブルックは一気にスターダムを駆け上がることになる。

 

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(12/26)
『エンドレス・ラブ』(1981)

ブルック・シールズの全盛期は80年代。当時、マスコミはこぞって彼女の美貌とカメラの前で見せる才能について書き立てた。しかし、2014年に出版された自伝『There Was a Little Girl』によれば、華やかな世界の裏で、アルコール依存の母に悩まされるティーンエイジャーという、もう一つの顔があったことを打ち明けている。

 

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(13/26)
『サハラ』(1983)

18歳になったブルック・シールズだが、観客からの人気は衰え知らず。『サハラ』をはじめ、出演作を成功させたほか、数々の雑誌で表紙を飾った。当時、マイケル・ジャクソンやジョン・トラボルタ、さらにはモナコのアルベール王子など、セレブと付き合っているという噂が流れたが、ブルック本人は、ただの友情だったと否定している。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(14/26)
『キャノンボール3 新しき挑戦者たち』(1989)

90年代以降は『青い珊瑚礁』のような当たり役に恵まれず、ゴールデンラズベリー賞で最低主演女優のタイトルをもらってしまうこともあった。一方で、当時ダイアナ妃と交際していたドディ・アルファイドと恋愛関係にあるという噂が紙面を賑わせた。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(15/26)
『ブレンダ・スター』(1989)

なんとかハリウッドスターの地位を維持していたブルックだが、批評家からの評価は芳しくなかった。ティモシー・ダルトンと共演した映画『ブレンダ・スター』では、スーパーヒロイン役を演じたものの、成功を収めたとは言い難い結果に終わった。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(16/26)
『ミュータント・フリークス』(1993)

90年代初頭、ブルック・シールズは深刻なスランプに陥っていた。『ミュータント・フリークス』のような商業映画にも出演したが、あまり効果はなかったようだ。その結果、マスコミは彼女の仕事よりも私生活の方に注目するようになった。1993年には、後に結婚することとなるテニスプレーヤーのアンドレ・アガシと交際をはじめた。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(17/26)
『プロポーズ』(1999)

映画界で成功の機会に恵まれずテレビに転向したブルック・シールズ。『フレンズ』をはじめいくつかのドラマに出演した。テレビでの活躍によって復活を果たしたブルックは、アンドレ・アガシとの離婚(1999年)も克服。写真は同年『プロポーズ』の封切りに、新たなパートナー、クリス・ヘンチーをともなって登場したブルック・シールズ。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(18/26)
『ブルック・シールズのハロー!スーザン』(2000)

1996年から2000年にかけては、ドラマシリーズ『ブルック・シールズのハロー!スーザン』に出演、ゴールデングローブ主演女優賞に2度ノミネートされた(結果、収入アップにもつながった)。また、アガシとの関係については、自著の中で自分たちの失敗についてこう書いている:「結婚後は顔を合わせることもあまりありませんでした。私はドラマ、彼はチャンピオンシップで忙しかったんです。彼は試合に負けると私を無視し、勝つと次の試合に直行していました」

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(19/26)
『Our ItaIian Husband』(2004)

映画界でブルックが再ブレイクすることはなかった。しかし、40歳を目前にしてマリア・グラツィア・クチノッタと共演したイタリア映画『Our Italian Husband』では、より成熟した美しさを披露している。

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(20/26)
『Bob the Butler』(2005)

他にもいくつかの役をもらったが、20年前に世界を席巻したブルックが映画界で往年の輝きを取り戻すことはなかった。2001年には脚本家のクリス・ヘンチーと結婚、ローワン、グリア・ハモンドという2人の娘を授かった。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(21/26)
『ミッドナイト・ミート・トレイン』(2008)

2008年には映画『ミッドナイト・ミート・トレイン』に出演し、スクリーンに戻って来たブルック・シールズ。しかし、二人目の子供を出産したばかりの彼女は産後うつに悩まされていた。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(22/26)
『アニマル・ウォーズ 森林帝国の逆襲』(2010)

45歳のブルック・シールズは、もはや以前ほど人生に悩むことはなくなっていた。そして、困難な子供時代やマイケル・ジャクソンとの関係、当時のマスコミとの闘いについて、インタビューでもコメントするようになった。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(23/26)
『The Greening of Whitney Brown』(2011)

家族を優先することにしたブルックは、2010年以来、テレビや映画にほとんど出演していない。娘たちに同じ失敗を味わわせないためだ。実際、ウェブサイト「Yahoo Lifestyle」に対して「私の子供時代とは違って、成熟した女性像を見せたいと思っています。娘たちが自分自身を恥じることがないようにしたいのです」とコメントしている。

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(24/26)
『ホットフラッシュ ワタシたちスーパー・ミドルエイジ!』(2013)

過去を振り払ったブルック・シールズは2013年、ダリル・ハンナをはじめとする女優たちとコメディ映画『ホットフラッシュ ワタシたちスーパー・ミドルエイジ!』で共演、抜群のスタイルを披露した。ウェブサイト「XL Semanal」のインタビューでは「幼い頃は母とぶつかるのが怖かった。でも、それはもう過去の話」と答えた。

 

 

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(25/26)
『Daisy Winters』(2017)

輝きを取り戻したブルック・シールズは2017年、映画『Daisy Winters』に出演、娘にべったりの母親役を好演した。

ピープル
ブルック・シールズ:伝説の女優は今どこに?
(26/26)
『ジェーン・ザ・ヴァージン』(2018)

『青い珊瑚礁』当時の10代のブルックにせよ、ドラマ『ジェーン・ザ・ヴァージン』でリバー・フィールズ役を演じるブルックにせよ、彼女が世界屈指の女優である事実は揺るがない。

Más para ti