トム・クルーズが築いた資産はどのくらい?

永遠のハリウッドの覇者
トム・クルーズがこれまでに手にした額は?
6億ドル(いまだ上昇中)
ハリウッドへの貢献
記録的な興行収入
トム・クルーズとハリウッド
すべての始まりは1981年
ビジネスパートナーのポーラ・ワグナー
20代のトム・クルーズ
『卒業白書』
『レジェンド/光と闇の伝説』
『トップガン』
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』
『ミッション:インポッシブル』
史上最高の成功を収めた映画シリーズ
2億4,500万ドル
9桁に達したギャラ
トム・クルーズの資産
『トップガン マーヴェリック』
破格の契約条件
ファースト・ドル・グロス契約
さらなる収入
ギャラ2億ドルなるか
『カクテル』の続編は?
永遠のハリウッドの覇者

米俳優トム・クルーズは、名前だけで観客を呼び込むことのできる数少ないハリウッドスターの一人。最新作『トップガン マーヴェリック』であらためてそれを証明した。

トム・クルーズがこれまでに手にした額は?

大物俳優トム・クルーズを起用するにはそれなりの報酬が必要だ。40年にわたり第一線で活躍してきたトム・クルーズは、いったいどのくらい稼いできたのだろう?

 

6億ドル(いまだ上昇中)

『フォーブス』誌やセレブの資産を想定するウェブサイト『Celebrity Net Worth』によれば、トム・クルーズはこれまでに6億ドルを超える資産を築いており、世界で最もリッチな俳優の一人に数えられている。

ハリウッドへの貢献

トム・クルーズの資産は、その大部分が映画関連の収入により築かれたものだ。文字通りハリウッドのトップスターとして、長年にわたり映画産業に貢献してきた。

記録的な興行収入

トム・クルーズの出演作は全世界で90億ドルを超える興行収入をあげている。ちなみに、最大の興行成績を記録したのは『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)で、7億9,100万ドル。

トム・クルーズとハリウッド

トム・クルーズとハリウッドとの蜜月関係は史上稀にみるものであり、しかもこの関係は今後も長く続くとみられている。今回は、ギャラを中心に彼の成功の軌跡を振り返ってみよう。

すべての始まりは1981年

1981年、トム・クルーズは映画『タップス』で初めて主役を務め、5万ドルの報酬を得た。当時の彼は19歳、この役が人生を大きく変えるきっかけとなった。

ビジネスパートナーのポーラ・ワグナー

米大手タレントエージェンシー、クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)のポーラ・ワグナーがトム・クルーズと契約を結び、それは今日まで続いている。1990年代初頭、二人はクルーズ/ワグナー・プロダクションズを設立した。

20代のトム・クルーズ

プロダクション設立以前のトム・クルーズは、1980年代の10年間を通じてハリウッドの新星として精力的に活動を行った。写真は1983年、21歳のトム・クルーズ。

『卒業白書』

ブレイクのきっかけは『卒業白書』(1983)。本作の報酬は7万5,000ドルだったが、世界的大スターへの足がかりとなった

 

『レジェンド/光と闇の伝説』

それ以降、トム・クルーズに支払われる報酬額は上昇を続け、『レジェンド/光と闇の伝説』(1985)では1桁繰り上がった50万ドルに達した。

『トップガン』

そして『トップガン』(1986)で200万ドルを手にし、ついにミリオン俳優の仲間入りを果たした。

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』

そのギャラは急上昇を続け、1994年には『インタビュー・ウィズ・ザ・ヴァンパイア』のレスタト・ド・リオンクール役で1,500万ドルの契約を結んだ。

『ミッション:インポッシブル』

前後する1992年、トム・クルーズとポーラ・ワグナーはクルーズ/ワグナー・プロダクションズを設立。1996年には最初の作品となる『ミッション:インポッシブル』を完成させた。

史上最高の成功を収めた映画シリーズ

製作費8,000万ドルの『ミッション:インポッシブル』は、全世界で4億5,700万ドルという興行記録を打ち立てた。高いクォリティと素晴らしい興行収入で現在まで7作が制作された、映画史上最高のシリーズの始まりとなった。

2億4,500万ドル

『ミッション:インポッシブル』は大成功を収め、最初の3作だけでトム・クルーズに2億4500万ドルのギャラとバックエンド(興行収入の数パーセントを受け取るロイヤリティ)をもたらした。写真:『ミッション:インポッシブル』(1996)

9桁に達したギャラ

『ミッション:インポッシブル3』(2006)と『宇宙戦争』(2005)のギャラはそれぞれ1億ドルで、トム・クルーズにとって最も稼いだ作品となった。写真は2005年、『宇宙戦争』のプレミア上映会でケイティ・ホームズと。

 

トム・クルーズの資産

『Celebrity Net Worth』は、新型コロナウイルス感染症が蔓延するまでのトム・クルーズの収入を7億4500万ドルと推定し、そのうちの約6億ドルを保持しているとしている。

『トップガン マーヴェリック』

『トップガン マーヴェリック』(2022)の興行成績が確定すれば、資産はさらに増える可能性がある。『インターナショナル・ビジネス・タイムズ』誌によると、トム・クルーズは主演俳優としての1,300万ドルで契約書にサインし、さらにバックエンドが加わることになっている。しかもトム・クルーズはこの映画のプロデューサーでもある。

破格の契約条件

同メディアによると、トム・クルーズはファースト・ドル・グロス契約によって『トップガン マーヴェリック』の興行収入の20%を保証されている。この破格の契約条件を見れば、現在のハリウッドにおけるトム・クルーズのエスクルーシブな立ち位置と影響力は明らかだ。

ファースト・ドル・グロス契約

『インターナショナル・ビジネス・タイムズ』誌によると、「ファースト・ドル・グロス」契約とは、興行収入から興行主(映画館)の取り分である40%を差し引いた金額をもとに一定の割合が支払われるというもので、スタジオ費、宣伝キャンペーン費、制作費などは俳優のギャラよりも後回しになる。

さらなる収入

つまり、『トップガン マーヴェリック』の興行収入が10億ドルに達した場合、トム・クルーズは10億ドルから興行主の取り分を差し引いた残り6億ドルの20%を手に入れることになる。

ギャラ2億ドルなるか

さらにストリーミング配信の収益が加わることから、36年を経て復活したマーヴェリック役により、トム・クルーズのギャラは2億ドルが射程距離に入った。

 

『カクテル』の続編は?

近い将来、トム・クルーズはビリオネアの仲間入りをするだろう。だがファンにとっては彼の資産総額よりも、『ミッション:インポッシブル』の続編と、『カクテル』の続編がいつになるのかの方が気になるはず。ブライアン・フラナガンとジョーダン・ムーニーの再会を世界各国のファンが心待ちにしている。

Más para ti