75歳を迎えたアクションスター
ベビー・スタローン
からかわれた少年時代
1961年:15歳のスタローン
1969年:ニューヨークで闘志を燃やす
1970年:『ザ・イタリアン・スタローン』出演
1972年:念願の映画デビュー『ブルックリンの青春』
1973年:スターダムの始まり
1975年:脇役で出演した『デス・レース2000』
1976:『ロッキー』
アカデミー賞10部門にノミネートされた『ロッキー』
1978年
1979年:スタローンの全盛期
1970年代後半
1982年:ランボー
1983:スライ・プロデュースの『ステイン・アライブ』
1987年:ファミリー・ドラマに挑戦
1989:『デッドフォール』
1990年代:アーノルド vs. シルベスター?
苦悩の2000年代
2006年:『ロッキー・ザ・ファイナル』でカムバック
2008年:新たな『ランボー』がヒット
2013年:『バレット』
家族思いのスタローン
愛犬家スライ
75歳を迎えるも、まだまだ現役
シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(1/26)
75歳を迎えたアクションスター

映画『ランボー』と『ロッキー』で主役を演じ、世界的成功を収めたシルヴェスター・スタローン。そんな彼も、もう75歳。そこで今回は、映画界きってのアクションスターのサクセスストーリーを幼年時代までさかのぼって写真で追いかけよう!

 

(写真:Art Gelinck)

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(2/26)
ベビー・スタローン

シルヴェスター・スタローンは1946年7月6日、マンハッタンで誕生した。そして、彼の特徴的な唇もこのときに生まれた。分娩を担当した医師が鉗子を不適切に使用したことで神経を傷つけてしまい、生後間もないスタローンの唇やあご、舌の一部に麻痺を残すことになってしまったのだ。

 

(写真:Instagram @ officialslystallone)

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(3/26)
からかわれた少年時代

出生時にできた口元の怪我が原因でクラスメイトたちに「シルヴィア」というあだ名をつけられたシルヴェスター。さらには、教師たちにまでぼんやりしていると揶揄された結果、幼いシルヴェスターの自尊心が傷ついたのは言うまでもない。

(写真:Instagram @ officialslystallone)

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(4/26)
1961年:15歳のスタローン

10代のスタローンはメリーランド州セントメアリーズ郡にあるシャーロットホール・ミリタリーアカデミーに通っていた。写真は「スライ」(シルヴェスターの愛称)が15歳のころのアルバムから。

(写真:Facebook @ Mechanicalsville Volunteer Fire Department、INC)

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(5/26)
1969年:ニューヨークで闘志を燃やす

自信のなさを克服するため、ボディビルと演技の世界に目を向けた若きシルヴェスター・スタローン。写真は、スタローンがニューヨークで俳優の道を志し、様々な機会に挑戦していた1968~9年頃に撮影されたもの。

(写真:Instagram @ officialslystallone)

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(6/26)
1970年:『ザ・イタリアン・スタローン』出演

しかし、ニューヨークで俳優デビューするのは容易ではなかった。生活苦に陥り、バス停でのホームレス生活を余儀なくされたスタローンは、事態を打開するためリスクを承知できわどい映画に出演。 二日間の仕事で手に入れたのは200ドルだった。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(7/26)
1972年:念願の映画デビュー『ブルックリンの青春』

しかし、1972年、スライにチャンスが訪れる。友人に誘われて参加した演劇を見に来ていたエージェントにスカウトされたのだ。作品は『ブルックリンの青春』。(ところで、この写真のスタローンは米国のコメディ『フレンズ』のジョーイみたい?)

 

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(8/26)
1973年:スターダムの始まり

成功を目指して挑戦を続けるスタローンがスターダムへの切符を手にしたのは1973年。ロバート・アレン・シュニッツァー監督のスリラー映画『レベル』で主役の座を勝ち取ったのだ。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(9/26)
1975年:脇役で出演した『デス・レース2000』

1973年の『レベル』で主役を務めたからといって、いつも主役が回ってくるわけではなかった。しかし、めげずに演技を続けたスライ。『M★A★S★H マッシュ』のような娯楽作品の脇役もこなし、正真正銘の俳優に成長したのだ。写真は『デス・レース2000』で脇役を演じるスタローン。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(10/26)
1976:『ロッキー』

転機は1976年、映画『ロッキー』と共に訪れた。1975年3月24日に行われたモハメド・アリ対チャック・ウェプナーのボクシング試合を目の当たりにしてインスピレーションを掻き立てられたスタローン。たった3日で『ロッキー』の脚本を書き上げたが、これが彼を大スターの地位に押し上げることに。

 

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(11/26)
アカデミー賞10部門にノミネートされた『ロッキー』

鬱屈とした子供時代を過ごした彼にとって、自作の映画が批評家たちの絶賛を浴びたことは大いに喜ばしいことだったに違いない。1977年、『ロッキー』は最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀映画編集賞でアカデミー賞を獲得した。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(12/26)
1978年

『ロッキー』で一躍世界的スターになり、人生の頂点を迎えたスタローン。写真はドイツのテレビ司会者兼女優、ペトラ・シュルマンと1978年にドイツで撮影されたもの。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(13/26)
1979年:スタローンの全盛期

1978年から1999年まで、シルヴェスター・スタローンは俳優として全盛期を迎えていた。『ロッキー』の続編や『ランボー』シリーズなど、数え切れないほどの映画を制作、主演したのだ。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(14/26)
1970年代後半

映画ファンからの人気を勝ち取ったスタローンはハリウッドライフを心ゆくまで楽しむことに。写真は70年代後半の授賞式で女優のスーザン・アントンと並ぶスタローン。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(15/26)
1982年:ランボー

『ランボー』シリーズが爆発的人気を誇ったのは80年代。ビデオゲームやコミックにもなったが、スタローン自身はコミックになった『ランボー』を快く思っていなかったという。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(16/26)
1983:スライ・プロデュースの『ステイン・アライブ』

1983年に撮影された写真で80年代ルックを披露するスタローン。この年、彼は自分が主演しない作品としては唯一の『ステイン・アライブ』を監督した。ジョン・トラボルタ主演のこの映画は『サタデー・ナイト・フィーバー』の続編として作られたもので、批評家からの評価はさんざんだったが商業レベルでは大成功を収めた。

(写真:Alan Light)

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(17/26)
1987年:ファミリー・ドラマに挑戦

1980年代、スタローンはアクション以外のジャンルにも進出しようと何度か試みている。たとえば、家族愛をテーマにした1987年の『オーバー・ザ・トップ』などだ。しかし、映画ファンが求めているのはアクションヒーロー・スタローンなのだった。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(18/26)
1989:『デッドフォール』

カート・ラッセルと共演したアクション映画『デッドフォール』は『オーバー・ザ・トップ』とは対照的に大成功。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(19/26)
1990年代:アーノルド vs. シルベスター?

スタローンはアーノルド・シュワルツェネッガーとのライバル関係を隠そうともしない。二人とも80年代を代表するアクションスターなのだから、愛憎半ばするのは当然だろう。ウェブサイト『Page Six』によれば、スタローンは「アーノルドの首を毎日締め付けてやりたかった」と語ったという。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(20/26)
苦悩の2000年代

2000年代初頭はスタローンにとって試練の時だった。子供向け映画から『ザ・コンテンダー』のようなリアリティショーまであらゆるチャンスに手を伸ばしたものの、かつての勢いは戻ってこなかった。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(21/26)
2006年:『ロッキー・ザ・ファイナル』でカムバック

しかし、2006年以降、運は再びスライの味方をし始めたのだ。まず、2006年に公開された『ロッキー・ザ・ファイナル』が大成功。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(22/26)
2008年:新たな『ランボー』がヒット

続いて、2008年に公開されたシリーズ第4作で『ランボー』が復活。最新作のタイトルは『ランボー/最後の戦場』で大きな興行収入を挙げた。

(写真:Nicolas Genin - originally posted to Flickr as 66ème Festival de Venise)

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(23/26)
2013年:『バレット』

『ロッキー・ザ・ファイナル』と『ランボー/最後の戦場』でカムバックを果たし、スターに返り咲いたスタローンはその後も活躍のペースを緩めていない。『エクスペンダブルズ』シリーズや『バレット』、『クリード チャンプを継ぐ男』まで、出演作は枚挙にいとまがない。

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(24/26)
家族思いのスタローン

映画界だけでなく家庭でも大忙しのスタローン。3人目の妻、ジェニファー・フラビンとの間には3人の娘がいるが、彼女たちはスライのInstagramの常連だ。

(写真:Instagram @ officialslystallone)

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(25/26)
愛犬家スライ

スライは最近、愛犬たちとの楽しい日々をエンジョイしている。

(写真:Instagram @ officialslystallone)

シルヴェスター・スタローン、75年にわたるサクセス物語
(26/26)
75歳を迎えるも、まだまだ現役

75歳を迎えたシルヴェスター・スタローンだが、ペースダウンする様子は一向にない。自身の制作会社「バルボア・プロダクション」と共にいくつものプロジェクトを推し進める彼にとって、演技する機会はまだまだたくさんあるのだ。75歳にして歩みを止めないスタローン、今後の活躍に注目だ!

(写真:Instagram @ officialslystallone)

Más para ti