ウィル・スミスの人気急落
自伝『ウィル』
21週間目にしてトップ
自伝の続編は?言いたいことは山ほどある
会場を凍り付かせた事件
それでもアカデミー賞を受賞
後悔先に立たず
2つの罪
授賞式会場に警察が現れる
ロックからの告発はなし
アカデミー会員を退会
アカデミーを離れるとどうなるのか?
2つの主演作が白紙に
シリーズ4作目の制作が決定
危機に瀕した伝説のコンビ
ローリーとバーネットにさよならを?
『ファスト・アンド・ルーズ』はどうなる?
監督不在にプロジェクト中断?
緊迫した今後の動向
『エマンシペーション』(監督アントワーン・フークア)
『ザ・カウンシル』(監督ピーター・ランデスマン)
スミスのキャリアに赤信号?
人気上昇中のロック
歓声に包まれて
『エゴデス・ツアー』チケットは完売
トークショーへの出演交渉
平手打ちの元は取った?
ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(1/27)
ウィル・スミスの人気急落

ウィル・スミスはクリス・ロックへの平手打ち騒動以降、アカデミー賞受賞式を含むイベントへの出入り禁止、映画芸術科学アカデミーの会員辞任、プロジェクトの頓挫にイメージダウンなど、日々ネガティブな出来事に見舞われている。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(2/27)
自伝『ウィル』

スミスにとって予想外の吉報もあった。ニューヨーク・タイムズ』紙のベストセラー・ノンフィクション部門において、2021年に発売された自伝『ウィル』がランキングトップを飾ったことだ。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(3/27)
21週間目にしてトップ

マーク・マンソンが共同執筆者となった『ウィル』がトップに輝くまでには21週間という時間、そして平手打ち騒動という話題性が必要だった。なお、興味深いことに2位にはデイヴ・グロールの自伝『ザ・ストーリーテラー:テイルズ・オブ・ライフ・アンド・ミュージック』がランクインしている。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(4/27)
自伝の続編は?言いたいことは山ほどある

さまざまな悲劇や物議を醸す話題が書籍の売上を左右することはよくあるが、ここではアメリカの国民的俳優がいかに失墜してしまったかに注目が集まっている。すべては間の悪いジョークがきっかけだった。

 

 

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(5/27)
会場を凍り付かせた事件

2022年のアカデミー賞授賞式でロックに平手打ちをした瞬間、会場は約3秒間、凍りついた。次の瞬間、誰もが「とんでもないことになる」と感じた。そして、スミスはアカデミー賞関連イベントへの出入りを10年間禁じられたのだ。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(6/27)
それでもアカデミー賞を受賞

だがずスミスは『ドリーム・プラン(原題:King Richard)』でアカデミー賞主演男優賞を受賞。受賞により平手打ち騒動は見送りになるかと思われたが、それはまったくの見当違いだった。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(7/27)
後悔先に立たず

スミスの行動は変化をしていった。アカデミー賞の受賞スピーチでは、ロックには触れずに謝罪を行っている。翌日には所属事務所のアドバイスに基づき方向修正を行ったが、時すでに遅しであった。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(8/27)
2つの罪

わずか数日の間にスミスは2つの行動について高い代償を払うことになった:テレビ番組の生中継でプレゼンターに手を上げたこと、そして一般視聴者向けの番組では禁じられている俗語を使ったことだ。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(9/27)
授賞式会場に警察が現れる

アカデミー賞のプロデューサーの1人ウィル・パッカー(写真)は、ロサンゼルス市警がスミスを暴行罪で逮捕しようとドルビー・シアターに駆けつけたと朝の情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」で証言した。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(10/27)
ロックからの告発はなし

最終的にロックは告訴をしなかったため、一連の騒動が事件化することはなくスミスも逮捕を免れることができた。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(11/27)
アカデミー会員を退会

数時間後、映画芸術科学アカデミーはスミスに対し懲戒手続きに入ることを決定。スミスは制裁が下される前に、自らアカデミー会員退会を表明した。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(12/27)
アカデミーを離れるとどうなるのか?

映画芸術科学アカデミー会員の退会に加え、今後10年間アカデミー賞授与式、その他関連イベントへの参加が禁じられた。スミスはこの制裁を受け入れ、遵守することを声明で伝えている。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(13/27)
2つの主演作が白紙に

『ハリウッド・リポーター』誌によると、スミスが携わるプロジェクトの2作品が制作中止になっているという: 『バッドボーイズ4』、『ファスト・アンド・ルーズ』

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(14/27)
シリーズ4作目の制作が決定

パンデミック前に公開された『バッドボーイズ フォー・ライフ』は、興行収入が4億2千万ドルを超えるという大ヒットを収めた。配給会社ソニーはためらうことなく続編の制作を決定した。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(15/27)
危機に瀕した伝説のコンビ

『ハリウッド・リポーター』誌によれば、スミスは『バッドボーイズ4』の40ページ分の脚本をすでに手にしておりマーティン・ローレンスと再び共演予定だった。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(16/27)
ローリーとバーネットにさよならを?

しかしソニーは今回の騒動を受けて、状況が落ち着くまでプロジェクトを保留するとした。スミス演じるマイク・ローリーが活躍する『バッドボーイズ』シリーズの再会にはまだ時間がかかりそうだ。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(17/27)
『ファスト・アンド・ルーズ』はどうなる?

スミスのもう1つの主演作『ファスト・アンド・ルーズ』はより事態が深刻なようだ。このNetflix作品は、2022年のアカデミー賞授賞式以前から制作上の問題を抱えていた。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(18/27)
監督不在にプロジェクト中断?

デヴィッド・リーチ(写真)は『ファースト・アンド・ルーズ』の監督に就任していたが、ライアン・ゴスリング主演『フォール・ガイ』の制作に専念するためアカデミー賞授賞式前に降板。制作元のNetflixでは後任の監督を探している最中だった。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(19/27)
緊迫した今後の動向

『ハリウッド・リポーター』誌によると、今のところ後任の監督探しは中断されているようだ。現段階で制作が再開されるかどうかは分かっていない。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(20/27)
『エマンシペーション』(監督アントワーン・フークア)

スミスは他にも2つのプロジェクトに携わっている。1つ目はアップルが制作し、現在ポストプロダクション作業が行われているアントワーン・フークア監督の『エマンシペーション』だ。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(21/27)
『ザ・カウンシル』(監督ピーター・ランデスマン)

2つ目は『ザ・カウンシル』で、ピーター・ランデスマン(写真)が監督を務めることが明らかにされている。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(22/27)
スミスのキャリアに赤信号?

平手打ち騒動からわずかの間に、これほど大きな影響があるとは誰も想像できなかっただろう。少なくとも短期的には、ハリウッドでの活躍に大きな影が差したといえるだろう。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(23/27)
人気上昇中のロック

一方、平手打ちをくらったロックはといえば、ジェイダ・ピンケット・スミスに対する不適切なジョークはさておき、平手打ち後の反応は驚くほど冷静でスミスに対し告発も行わなかった。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(24/27)
歓声に包まれて

事件後、人々はロックをまるで殉教者のように持ち上げ、ひとたび公の場に現れれば彼を大きな歓声で迎えている。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(25/27)
『エゴデス・ツアー』チケットは完売

さらにロックのコメディーショー『エゴデス・ツアー』は完売。大好評につきツアーの延長が決定したと『ミラー』紙は伝えている。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(26/27)
トークショーへの出演交渉

加えてロックは、報酬100万ドルでオプラ・ウィンフリーやエレン・デジェネレスのトークショーへの出演交渉をしていると、『ミラー』紙は報道している。

ピープル
オスカーの事件後、ウィル・スミスを襲った予期せぬ余波
(27/27)
平手打ちの元は取った?

90年代から2000年代に最盛期を迎えたロックだが、この平手打ち騒動がきっかけで人気が再燃し、莫大な利益を手にすることになった。最終的に、ロックは元を取ったといっても間違いではないだろう。

Más para ti