2020年代に関する大予言とは
2022年:オプティナのネクタリオスの予言
人類の終わり?
2022年:完全な暗闇に閉ざされる年
2023年以降の経済危機
驚くには値しない?
2023年:「小さな黙示録」
2025年:エイリアンの到来
ババ・ヴァンガも異星人の到来を予言
2026年:「科学的計算」によれば世界の終末
ノストラダムス:タタール人
2028年:火星と金星の探検
2028年:新たなエネルギー源
2029年:バーチャルリアリティ時代の到来
2029年:AI
2030年:仮想世界に生きる
2031年:臓器移植を可能にする医療革命
エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(1/17)
2020年代に関する大予言とは

いつの時代も、未来には一体何が待ち受けているのか気になるのが人間というもの。多くの文化圏で、何世紀も前から、人々は予言者、聖人、教祖が語る未来の姿に注目してきた。今回は、2020年代に関する予言の一部をご紹介しよう。

(写真:Caleb Woods / Unsplash)

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(2/17)
2022年:オプティナのネクタリオスの予言

100年以上前、ロシアの宗教指導者であるオプティナのネクタリオスは、衝撃的な予言を行った。ネクタリオスは夢の中で「人類は”22年”に滅亡する」という神のお告げを聞いたというのだ。

(写真:Instagram / @ pravoslav.verra)

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(3/17)
人類の終わり?

ネクタリオス自身は20世紀初頭まで生きていたため、人類の終末が1922年に訪れると考えていたようだ。ご存じのように、1922年に終末は訪れなかった。だが2022年はどうだろう。ネクタリオスの今年に関する予言が当たらないことを祈るばかりだ。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(4/17)
2022年:完全な暗闇に閉ざされる年

ノストラダムスことミシェル・ド・ノートルダムも、2022年にはすべてが暗闇に閉ざされる3日間が訪れるとしている。さらに他の予言者には、ノストラダムスの言う「闇の3日間」に加えて火の雨が地球に降り注ぐとする者もある。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(5/17)
2023年以降の経済危機

2022年に世界が終わるとすれば、もはや我々は来年以降について心配する必要はないだろう。しかし、こうした予言が外れた場合にそなえてノストラダムスは、今後数年間の深刻な経済危機についても予言を行っている。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(6/17)
驚くには値しない?

ノストラダムスが示唆する経済危機が実際に起これば、この20年で3度目の大不況となるという。だがこれは衝撃的な予言というよりも、一定の経済サイクルと考えることができるかもしれない。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(7/17)
2023年:「小さな黙示録」

中世の予言者ヴァシリー・ネムチンは、2023年に関し「小さな黙示録」と呼ばれる予言を行っている。ネムチンがその内容を具体的にしていないことから、どんなことも起こりうる一方、何も起こらない可能性もある。なお、ネムチンについては、20世紀末にロシアの占星術師が生み出した架空の人物だという説もある。

(写真:Instagram / @boroda_ychenika)

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(8/17)
2025年:エイリアンの到来

また、「小さな黙示録」よりずっと悲観的な予言もある。正教会の予言者の中には、2025年には宇宙人がこの世界にやってくるとするものもある。もちろんそれは表敬訪問などではなく、地球の植民地化のためにほかならない。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(9/17)
ババ・ヴァンガも異星人の到来を予言

地球外生命体の到来については、有名なババ・ヴァンガも言及している。ババ・ヴァンガはブルガリアで1911年に生まれ、1996年に亡くなった予言者だ。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(10/17)
2026年:「科学的計算」によれば世界の終末

オーストリアの物理学者ハインツ・フォン・フェルスター(1911-2002)は、「科学的と思われる方法で」計算したところ、世界の終末は2026年に訪れるという結果が出たという。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(11/17)
ノストラダムス:タタール人

一方、ノストラダムスはその四行連詩を通じ、アジアのタタール族の国家が世界で最も影響力のある国の一つになるとしている。タタール族は全世界にとって高い価値を持つ物質を領土内に発見し、それにより成功を手にするというのだ。2026年がきわめて興味深い年となることは確実といえるだろう。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(12/17)
2028年:火星と金星の探検

ババ・ヴァンガの予言には、人類は2028年までに火星と金星を探査するというものもある。惑星探索を行う理由のひとつは、地球で応用できる新しいエネルギー源を開発することだ。イーロン・マスクはこの予言に大賛成しているに違いない。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(13/17)
2028年:新たなエネルギー源

新たなエネルギー源に関しては、二人の予言者の間で見解が対立している。ブルガリアのババ・ヴァンガは核融合に関係するとし、ノストラダムスは音波から来るとしているのだ。もちろん、どちらのエネルギー源も将来的に広く使われるようになる可能性はある。しかし、2028年までに人類が絶滅している可能性もゼロとは言えず、何が起こるかは誰にも予測不能だ。

(写真:Frederik Paulussen / Unsplash)

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(14/17)
2029年:バーチャルリアリティ時代の到来

アメリカの著名な発明家レイモンド・カーツワイルは、複数の音声認識システムを開発したほか、AI(人口知能)、インターネット、VR(バーチャルリアリティ)の出現を科学的に予測したことでも知られている。テクノロジーに関する彼の「予言」は、驚くべき精度で的中している。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(15/17)
2029年:AI

カーツワイルは、パソコン、インターネット、情報伝達のためのワイヤレスシステムの発明を予言した。そして将来については、2029年までにAI(人工知能)が人々の日常生活に完全に定着するとしている。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(16/17)
2030年:仮想世界に生きる

2030年にはインターネット技術およびAI搭載製品が一般化した社会への移行が完了すると、レイモンド・カーツワイルは述べている。人々はほぼ完全にバーチャルリアリティの世界に浸るようになり、現実社会との接点が少なくなっていくだろうとも。

エンタメ
2020年代の最も気になる大予言:人類の滅亡?
(17/17)
2031年:臓器移植を可能にする医療革命

さらにレイモンド・カーツワイルは、2031年に医療を中心とした科学分野における革命が起きるとし、人間の臓器移植に必要となるクローン臓器をつくる装置が、世界各地の数多くのクリニックで使えるようになるだろうと予測している。

Más para ti