「ファヴェーラ」とは?
犯罪の温床から観光スポットまで
ファヴェーラの人口は?
かつてリオ最大のファヴェーラだったロシーニャ地区
7万人以上が住むロシーニャ
ファヴェーラの暮らし
パワフルな創造力
ファヴェーラのスポーツ:サッカー
不安定な暮らし、貧困、暴力
ファヴェーラの低い識字率
景色はゴタゴタしているが……
迷路のようなファヴェーラをスイスイ移動するには?
一番危険なファヴェーラ
ファヴェーラでの警察
海に面したファヴェーラ
ファヴェーラの実態はバラバラ
ファヴェーラ:貧困層のふるさと
ファヴェーラの未来
エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(1/18)
「ファヴェーラ」とは?

ブラジルの大都市にある人口密集地、それがファヴェーラだ。貧しい人々が当局の許可を受けずに家を建てるため、無秩序に広がっていくのが特徴だ。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(2/18)
犯罪の温床から観光スポットまで

多くの場合、ファヴェーラは犯罪の温床だ。一方で、きちんと管理され、世界中から観光客が訪れる観光スポットになっている地域もある。

 

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(3/18)
ファヴェーラの人口は?

ファヴェーラの住民は、ブラジル全土で最大1200万人であると見積もられている。ただし、これは概算であり、スラム街という性質上、住民の数を正確に把握した国勢調査等のデータはない。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(4/18)
かつてリオ最大のファヴェーラだったロシーニャ地区

リオデジャネイロはファヴェーラを最も多く抱える街だ。推定200万人もの人々がリオの中心部をとり囲む山の斜面に住んでるのだ。なかでも、かつてリオ最大のファヴェーラだったのがロシーニャと呼ばれる地区だ。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(5/18)
7万人以上が住むロシーニャ

ロシーニャが行政区画として登録されたのは1993年のこと。なんと、7万人を超える人々が暮らしているという。しかし、現在ではこの地区もリオ最大のファヴェーラではない。ファゼンダ・コケイロがそれを上回ったためだ。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(6/18)
ファヴェーラの暮らし

ファヴェーラに暮らす人々の大部分は若者たちだ。そのため、ファヴェーラの人口増加率はブラジル全体の平均より高くなっている。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(7/18)
パワフルな創造力

住民たちはファヴェーラで不安定な生活を余儀なくされているが、一方ではパワフルな芸術が生まれる土壌にもなっている。

 

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(8/18)
ファヴェーラのスポーツ:サッカー

ファヴェーラの暮らしに欠かせないのが、ブラジルの国民的スポーツ、サッカーだ。サッカー選手として活躍することはファヴェーラの子供たちの夢であり、家族の希望でもある。もちろん、より豊かな生活への切符を手に入れることができるかも知れないからだ。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(9/18)
不安定な暮らし、貧困、暴力

ファヴェーラの実態は様々だ。危険なファヴェーラがある一方、安全な地域では外部の人々の誘致を試みているケースもある。しかし、全体的に見れば、ファヴェーラは不安定な暮らし、貧困、そして暴力の象徴になっていると言えるだろう。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(10/18)
ファヴェーラの低い識字率

ファヴェーラの社会的状況を伝えるものとして、住民の識字率の低さが挙げられる。15歳未満の非識字率はリオ全体では3%だが、ファヴェーラに限ると10%に上るのだ。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(11/18)
景色はゴタゴタしているが……

ゴタゴタしたファヴェーラでも、その他の地域同様、人々は日々の暮らしを営んでいる。レストランや銀行、お店、企業、学校といった施設が揃っているのだ。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(12/18)
迷路のようなファヴェーラをスイスイ移動するには?

ファヴェーラの暮らしに適した乗り物はバイクだ。というのも、ファヴェーラには狭い路地や急な坂道が迷路のように入り組んでいるからだ。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(13/18)
一番危険なファヴェーラ

リオで最も危険なファヴェーラとして悪名高いロシーニャ。ロシーニャの街角は麻薬ブローカーたちの活動の場になっているのだ。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(14/18)
ファヴェーラでの警察

犯罪者を追跡するため警察がファヴェーラで捜査を行うのは珍しいことではない。しかし、アムネスティ・インターナショナルをはじめとする人権団体によれば、警察はファヴェーラで必要以上に攻撃的になる傾向があるという。多くのファヴェーラで銃撃戦や警察・ギャング双方による処刑が行われているのだ。

 

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(15/18)
海に面したファヴェーラ

海に面したファヴェーラには素晴らしい眺めがある。問題は、それを目当てに観光客がやってくることだ。一部のファヴェーラは条件次第で訪問することもできるが、そうでない地域では流れ弾や強盗などによって観光客が殺害される事件がすでに起きている。

 

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(16/18)
ファヴェーラの実態はバラバラ

一口にファヴェーラといっても、非常に原始的なものから、通常の地域と変わらないものまで、その実態は様々だ。整備の進んでいない地域は泥まみれで、生活環境も厳しい。

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(17/18)
ファヴェーラ:貧困層のふるさと

ファヴェーラはブラジル全土から都会にやってくる人々の受け皿だ。貧しい人々はよりよい生活を求めて都市部にやってくるのだ。好景気を経験したブラジルでは、極端な貧困層は全体的に減ってきている。しかし、貧富の差は依然として存在し続けている。

 

エンタメ
ブラジルのスラム街「ファヴェーラ」の暮らし
(18/18)
ファヴェーラの未来

当面、ファヴェーラはブラジル都市部を構成する一員として、拡大を続けるだろう。リオデジャネイロをはじめとした都市を訪れる旅行者が目にする光景の一つであり続けるのだ。

Más para ti