めくるめく宇宙の映像:ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた貴重な宇宙の姿

宇宙望遠鏡が捉えた映像
バタフライ星雲
火炎星雲
ふたご座星座
創造の柱
クエーサー津波
渦巻銀河
「Tapestry of Blazing Starbirth」
土星
近傍銀河
太陽系外惑星
干潟星雲
木星
オリオン大星雲
ブラックホール
超大質量ブラックホール
ハッブル宇宙望遠鏡のカメラ交換
宇宙を見渡す目として
宇宙望遠鏡が捉えた映像

ハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げられたのは1990年4月24日のこと。以来、30年間にわたって驚異的な宇宙の光景を人類に送り届け続けている。この写真はIC 342銀河の中心と、それを取り巻く高温の星間ガスだ。

写真:NASA

バタフライ星雲

羽を広げた蝶のように見えることから「バタフライ星雲」の愛称を持つNGC 6302。この30年間にハッブル宇宙望遠鏡が捉えた光景の中でも、とりわけ印象的な写真だ。

写真:NASA

火炎星雲

一方、この写真が見せてくれるのは、地球からおよそ1,400光年離れたところにあるオリオン座の散光星雲「火炎星雲」の美しい色合いだ。

写真:NASA

ふたご座星座

また、ハッブル宇宙望遠鏡は双子座付近で星間ダストの姿を捉えることに成功した。写真中央付近にある巨大な恒星が発する輝きは、まるで雨雲を貫く灯台の光のようだ。

写真:NASA

創造の柱

わし星雲の「創造の柱」と呼ばれる領域では活発に星が誕生している。この写真もまた、ハッブル宇宙望遠鏡の代表作であると言えよう。

写真:NASA

クエーサー津波

ハッブル宇宙望遠鏡の類まれな性能のおかげで、天文学者たちは宇宙観測史上最大のエネルギーの流れを捉えることができた。これはクエーサーから流れ出し、津波のように星間空間を移動している。

写真:NASA

渦巻銀河

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた荘厳な光景はまだある。この写真は、うお座の方向およそ2億1500万光年先にある渦巻銀河NGC 105だ。

写真:NASA

「Tapestry of Blazing Starbirth」

30年間にわたるハッブル宇宙望遠鏡の活躍は、NASAの歴史に残る素晴らしいショットをもたらした。私たちが暮らす天の川銀河の近くで、新たな星が誕生する瞬間を捉えたのだ。

写真:NASA

土星

特徴的なリングで太陽系を彩る土星。この写真のおかげで、土星をかつてないほど詳細に眺めることができるようになった。

写真:NASA

近傍銀河

目を疑うような光景だが、本物だ。この光り輝く帯は、私たちが暮らす天の川銀河とよく似た別の渦巻銀河だ。宇宙にはこのような銀河が数多く存在している。

写真:NASA

太陽系外惑星

急速に蒸発しつつある太陽系外惑星。このような新たな謎を解き明かすことも、ハッブル宇宙望遠鏡の役目である。

写真:NASA

干潟星雲

ハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げ28周年目に人類に送り届けた歴史的な写真がこれ。カラフルに見えているのは干潟星雲だ。まるで絵画のようだが、宇宙に広がる現実の光景なのだ。

写真:NASA

木星

2011年以来、NASAによる探査の舞台となっている木星。ここ20年で様々な新発見がなされている。この写真では、太陽系最大の惑星の表面にある美しい模様をはっきり見て取ることができる。

写真:NASA

オリオン大星雲

オリオン大星雲を捉えたこの写真、主人公は星間雲と恒星風だ。変光星「LL Orionis」が物質を激しく噴き出しながら、不規則な変光を見せているのだ。

写真:NASA

ブラックホール

この驚くべき写真をはじめ、ハッブル宇宙望遠鏡は、中型のブラックホールが実在するという紛れもない証拠をもたらしてくれた。

写真:NASA

超大質量ブラックホール

「スターバースト銀河」とは爆発的な勢いで恒星を生み出す銀河のことだ。この写真のスターバースト銀河では、星間ダストに覆われた中心部に超大質量ブラックホールが隠されている。

写真:NASA

ハッブル宇宙望遠鏡のカメラ交換

これは、1993年12月に実施されたハッブル宇宙望遠鏡の一度目のメンテナンス作業(SM1)で、ジェフリー・ホフマン飛行士が広域惑星カメラ1(WFPC 1)を取り外しているところ。

写真:NASA

宇宙を見渡す目として

ここでご紹介したのは、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた素晴らしい映像のほんの一部だ。宇宙の遥か彼方まで見渡す目として人類に数々の映像を送り届け、私たちが暮らす宇宙の仕組みをまた一つ解明するのを助けてくれたことを感謝しなくてはなるまい。

写真:NASA

Más para ti